江戸絵画の非常識―近世絵画の定説をくつがえす  / 安村 敏信
江戸絵画の非常識―近世絵画の定説をくつがえす
  • 著者:安村 敏信
  • 出版社:敬文舎
  • 装丁:単行本(311ページ)
  • ISBN:4906822614
内容紹介:
江戸絵画の「常識」となっている13の事柄を、「本当か?」と疑い、綿密な考証をほどこして検討、定説をくつがえしていく。また、19世紀の京・大坂で活躍した画家70人の事績を、年表とともに紹介する。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ