機関銃の社会史 / ジョン・エリス
機関銃の社会史
  • 著者:ジョン・エリス
  • 翻訳:越智 道雄
  • 出版社:平凡社
  • 装丁:単行本(334ページ)
  • 発売日:2008-02-01
  • ISBN:4582766358
内容紹介:
十九世紀半ば、機関銃の登場により、過剰殺戮と呼べる概念が戦争に導入された。戦争の主役は、もはや人間ではなく、機関銃であることが明らかになった。第一次世界大戦では、死者の八十パーセントが、機関銃の犠牲者となった。近代の軍事技術の革新によって、人間の社会はどのように変わっていったか。背筋が寒くなる人間と機関銃の歴史。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ