日本文壇史2 新文学の創始者たち / 伊藤 整
日本文壇史2 新文学の創始者たち
  • 著者:伊藤 整
  • 出版社:講談社
  • 装丁:文庫(375ページ)
  • 発売日:1995-02-06
  • ISBN-10:4061963082
  • ISBN-13:978-4061963085
内容紹介:
明治十九年一月、二十一歳の二葉亭四迷は、不審紙を付けた『小説神髄』を持ち、本郷真砂町に未知の坪内逍遙を訪ねた。その翌年、幼な友達だつた二葉亭と山田美妙は奇しくも、時を同じくして日本最初の口語体小説を発表した。紅葉、忍月、露伴、透谷、鴎外等による画期的文学の創造。漱石と子規の出会い。一葉の半井桃水への入門。独歩の受洗。新文学への熱気をはらむ若き群像と文壇人間模様。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ