食べるフランス史―19世紀の貴族と庶民の食卓 / ジャン・ポール・アロン
食べるフランス史―19世紀の貴族と庶民の食卓
  • 著者:ジャン・ポール・アロン
  • 翻訳:佐藤 悦子
  • 出版社:人文書院
  • 装丁:単行本(350ページ)
  • 発売日:1985-02-00
  • ISBN-10:4409530062
  • ISBN-13:978-4409530061
内容紹介:
革命後貴族階級に変わって新たな主権者になったブルジョワ階級は、過去から奪う取ったあらゆる特権のうち でも特に”食べること”に重きを置き、自らの野望と力を食卓という唯一のものに結晶させる。アロンは、権力者と庶民・豪奢と貧窮・喜びと苦痛とが絶えず交互に反射鏡を通して映し出されるといった巧みな構成によって、大革命から第三共和制にいたるまでのフランス社会の主要な動きを明確に描き出している。 あたかも実際に目の当たりにしたことを語るような生き生きとした筆致には文学者としての才能が遺憾なく発揮されている。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ページトップへ