【イベント情報】2022/07/02 (土) 20:00 - 21:30 『わたしたちの登る丘』刊行記念|小川公代×鴻巣友季子 アマンダ・ゴーマンの世界「絆と多様性の両立」

  • 2022/06/18

2022/07/02 (土) 20:00 - 21:30 『わたしたちの登る丘』刊行記念|小川公代×鴻巣友季子|アマンダ・ゴーマンの世界「絆と多様性の両立」

アマンダ・ゴーマン著/鴻巣友季子訳『わたしたちの登る丘』(文藝春秋)刊行記念!
訳者/翻訳家の鴻巣友季子さん、上智大学外国語学部英語学科教授の小川公代さんをお迎えし、「アマンダ・ゴーマンの世界『絆と多様性の両立』」をお送りします。

わたしたちの登る丘 / アマンダ・ゴーマン
わたしたちの登る丘
  • 著者:アマンダ・ゴーマン
  • 翻訳:鴻巣 友季子
  • 出版社:文藝春秋
  • 装丁:文庫(80ページ)
  • 発売日:2022-05-10
  • ISBN-10:4167918854
  • ISBN-13:978-4167918859
内容紹介:
バイデン大統領就任式で朗読され、世界中に力を与えた再生と癒しの詩。雑誌掲載で大きな話題を呼んだ名訳が特別企画を追加し文庫化!

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。


【出演者プロフィール】

■小川公代(おがわ・きみよ)
1972年和歌山県生まれ。上智大学外国語学部教授。ケンブリッジ大学政治社会学部卒業。グラスゴー大学博士課程修了。専門はロマン主義文学、および医学史。著書に『文学とアダプテーション――ヨーロッパの文化的変容』(共編著、春風社)、『ジェイン・オースティン研究の今』(共著、彩流社)、『ケアの倫理とエンパワメント』(講談社)、訳書に『エアスイミング』(シャーロット・ジョーンズ著、幻戯書房)『肥満男子の身体表象』(共訳、サンダー・L・ギルマン著、法政大学出版局)など。

■鴻巣友季子(こうのす・ゆきこ)
翻訳家。訳書にエミリー・ブロンテ『嵐が丘』、マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ1-5巻』(以上新潮文庫)、ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』(河出書房新社 世界文学全集2-1)、J.M.クッツェー『恥辱』(ハヤカワepi文庫)、『イエスの幼子時代』『遅い男』、マーガレット・アトウッド『昏き目の暗殺者』『誓願』(以上早川書房)『獄中シェイクスピア劇団』(集英社)、T.H.クック『緋色の記憶』(文春文庫)、ほか多数。文芸評論家、エッセイストとしても活躍し、『カーヴの隅の本棚』(文藝春秋)『熟成する物語たち』(新潮社)『明治大正 翻訳ワンダーランド』(新潮新書)『本の森 翻訳の泉』(作品社)『本の寄り道』(河出書房新社)『全身翻訳家』(ちくま文庫)『翻訳教室 はじめの一歩』(ちくまプリマー新書)『孕むことば』(中公文庫)『翻訳問答』シリーズ(左右社)、『謎とき『風と共に去りぬ』: 矛盾と葛藤にみちた世界文学』(新潮社)など、多数の著書がある。

【会場】

PASSAGE by ALL REVIEWS(東京都千代田区神田神保町1-15-3サンサイド神保町ビル1F
※開場は19:45となります

【参加費】

①会場参加(10名限定・アーカイブ視聴可能):1,650円(税込)
②オンライン配信参加(アーカイブ視聴可能):1,650円(税込)
※オンライン配信はALL REVIEWS 友の会 会員は視聴無料

https://peatix.com/event/3278353/view

【配信での参加について】

・配信はYouTubeの限定URLにて行います
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です
・チケットを購入された方は、お送りするメールに記載のURLからアーカイブ配信もご覧になれます
・1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行う場合がございます
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます

■「ALL REVIEWS 友の会」について
右肩下がりと言われる出版業界を、「書評という切り口でどう盛り上げていけるか」を「考えて行動する」ALL REVIEWSのファンクラブ。
詳細はこちら(https://allreviews.jp/tomonokai)


  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ
関連ニュース
ページトップへ