オリンピア・プレス物語―ある出版社のエロティックな旅 / ジョン・ディ・セイント・ジョア
オリンピア・プレス物語―ある出版社のエロティックな旅
  • 著者:ジョン・ディ・セイント・ジョア
  • 翻訳:青木 日出夫
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(512ページ)
  • ISBN-10:430920354X
  • ISBN-13:978-4309203546
内容紹介:
過激な出版人モーリス・ジロディアス。父の死をきっかけに20歳(1939年)で出版業をひきついだジロディアス-ポルノ作品を多く出版するかたわら、英米では出版できなかった"呪われた作家"たちを、パリで発禁を恐れずに世に出すことに情熱を傾けた反権力の出版者-「クリティーク」誌(バタイユ編集)や「エディション・デュ・シェーヌ」社の創設者という栄光とともに、訴訟と破産と追放にみまわれた、挫折の一生をもヴィヴィッドに描く。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ