文学におけるマニエリスム  言語錬金術ならびに秘教的組み合わせ術  / グスタフ・ルネ・ホッケ
文学におけるマニエリスム 言語錬金術ならびに秘教的組み合わせ術
  • 著者:グスタフ・ルネ・ホッケ
  • 翻訳:種村 季弘
  • 出版社:平凡社
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(703ページ)
  • 発売日:2012-08-12
  • ISBN:4582767699
内容紹介:
文学におけるマニエリスムの展開の諸相とその本体を、ヨーロッパ世界の厖大な作品のうちに追い求め、レトリックや文体論、神秘主義や錬金術、その他多種多様な領域を精神史的洞窟学が探査するとき、解体し断片化する世界と時代の別の光景が立ち現われる。美術史の局所からこの概念を解放し、精神史的"常数"にまで鍛造した鬼才ホッケの、種村季弘翻訳になるこの圧倒的書物、待望の再刊。『迷宮としての世界』姉妹篇。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ