労働階級と危険な階級―19世紀前半のパリ / ルイ・シュヴァリエ
労働階級と危険な階級―19世紀前半のパリ
  • 著者:ルイ・シュヴァリエ
  • 翻訳:喜安 朗, 相良 匡俊, 木下 賢一
  • 出版社:みすず書房
  • 装丁:単行本(497ページ)
  • ISBN:4622034875
内容紹介:
民衆の生と死を呑みこみ、膨張するパリ。19世紀前半の都市の変貌をえがきだす歴史人口学の先駆的大著。華やかなファサードの影の犯罪者の世界、売春、犯気、疫病―。〈死はすべてを記帳する〉。19世紀パリの都市社会史。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ