江戸の身体を開く / タイモン・スクリーチ
江戸の身体を開く
  • 著者:タイモン・スクリーチ
  • 翻訳:高山 宏
  • 出版社:作品社
  • 装丁:単行本(347ページ)
  • 発売日:1997-03-01
  • ISBN-10:487893753X
  • ISBN-13:978-4878937538
内容紹介:
「解剖=人の身体を切って調べること」を高らかに謳いあげて『解体新書』は上梓された。蘭医とは即ち「切る医者」であり、江戸の人々は死体を切り、生身の人間を切る「切る医術」へのスプラッタ・ホラーじみた好奇心と怖れを隠さない。「全体として生きて在ること」を捉えようとする日本の知と、「切って中身をさらし、くまなく光をあて」ようとするヨーロッパ近代知の出会い。「解剖」から見た気鋭の江戸文化論。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ