【オンラインイベント情報】2021/09/24 (金) 20:00 - 21:30 佐々木 敦 × 豊崎 由美、エンリーケ・ビラ=マタス『永遠の家』(書肆侃侃房)を読む

  • 2021/09/14

2021/09/24 (金) 20:00 - 21:30 佐々木 敦 × 豊崎 由美、エンリーケ・ビラ=マタス『永遠の家』(書肆侃侃房)を読む

書評アーカイブサイト・ALL REVIEWSのファンクラブ「ALL REVIEWS 友の会」の特典対談番組「月刊ALL REVIEWS」、フィクション部門第33回はゲストに思考家の佐々木 敦さんをお迎えし、エンリーケ・ビラ=マタス(書肆侃侃房)を読み解きます。
メインパーソナリティーは豊崎由美さん。
※出演者はZoomにて参加されます。

【読み解く本】

エンリーケ・ビラ=マタス/木村 榮一,野村 竜仁訳『永遠の家』(書肆侃侃房)
https://allreviews.jp/isbn/4863854730
永遠の家 / エンリーケ・ビラ=マタス
永遠の家
  • 著者:エンリーケ・ビラ=マタス
  • 翻訳:木村 榮一,野村 竜仁
  • 出版社:書肆侃侃房
  • 装丁:単行本(192ページ)
  • 発売日:2021-08-05
  • ISBN-10:4863854730
  • ISBN-13:978-4863854734
内容紹介:
芸術の破壊と再創造をめざすスペイン文学の奇才が綴る〈虚空への新たな跳躍〉を試みる腹話術師の悲しくも可笑しい幻想的連作短編集。

推理小説?シリアス?ユーモア? 虚構に潜む陰の真実。独特の語り口が読むものを霧の彼方へと誘いこむ。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。


【出演者プロフィール】

■佐々木 敦(ささき・あつし)
1964年名古屋市生まれ。思考家。HEADZ主宰。文学ムック「ことばと」編集長。映画美学校言語表現コース「ことばの学校」主任講師。芸術文化の複数の分野で活動。執筆した論考、著書とも多数。広義の文芸評論の著作として『これは小説ではない』『それを小説と呼ぶ』『私は小説である』『新しい小説のために』『ニッポンの文学』『例外小説論』『筒井康隆入門』『絶対絶命文芸時評』『あなたは今、この文章を読んでいる。』などがある。

■豊崎 由美(とよざき・ゆみ)
1961年生まれ。ライター、ブックレビュアー。
「GINZA」「週刊新潮」「TV Bros.」などで書評を多数連載。著書は『そんなに読んで、どうするの?』『どれだけ読めば、気がすむの?』(以上アスペクト)、『文学賞メッタ斬り』『百年の誤読』(以上、共著、ちくま文庫)、『勝てる読書』(河出書房新書)、『読まずに小説書けますか』(共著、メディアファクトリー)、『石原慎太郎を読んでみた』(共著、原書房)など多数。近著に『「騎士団長殺し」メッタ斬り!』(河出書房新社)がある。
https://allreviews.jp/reviewer/13

【オンライン視聴料】

視聴チケット 1,500円(税別)
※アーカイブ視聴可能

ALL REVIEWS 友の会(第4期:月額1,700円) 会員は無料
https://peatix.com/event/2938293/view


【配信での参加について】

・配信はYouTubeの限定URLにて行います
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です
・チケットを購入された方は、リアルタイム/アーカイブ配信視聴いずれも可能です
・1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行う場合がございます
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます


■「ALL REVIEWS 友の会」について
右肩下がりと言われる出版業界を、「書評という切り口でどう盛り上げていけるか」を「考えて行動する」ALL REVIEWSのファンクラブ。
詳細はこちら(https://allreviews.jp/tomonokai)

https://peatix.com/event/2938293/view
  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ
関連ニュース
ページトップへ