武田 砂鉄

武田 砂鉄SATETSU TAKEDA

公式サイト: http://www.t-satetsu.com/

1982 年東京都生まれ。出版社勤務を経て、2014年秋よりフリーライターに。 著書に『紋切型社会』(朝日出版社、2015年、第25回 Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)、『芸能人寛容論』(青弓社)、『コンプレックス文化論』(文藝春秋)、『日本の気配』などがある。〈プロフィール写真撮影:宇佐巴史〉もっと読む


武田 砂鉄の著作一覧
  • わかりやすさの罪 / 武田 砂鉄
    わかりやすさの罪
    • 著者:武田 砂鉄
    • 翻訳:
    • 出版社:朝日新聞出版
    • 装丁:単行本(278ページ)
    • 発売日:2020-07-07
    • ISBN-10:4023318760
    • ISBN-13:978-4023318762
    内容紹介:
    “わかりやすさ”の妄信、あるいは猛進が、私たちの社会にどのような影響を及ぼしているのだろうか。「すぐにわかる!」に頼り続けるメディア、ノウハウを一瞬で伝えたがるビジネス書、「4回泣ける映画」で4回泣く人たち……。「どっち?」との問いに「どっちでもねーよ!」と答えたくなる機会があまり… もっと読む
    “わかりやすさ”の妄信、あるいは猛進が、私たちの社会にどのような影響を及ぼしているのだろうか。「すぐにわかる!」に頼り続けるメディア、ノウハウを一瞬で伝えたがるビジネス書、「4回泣ける映画」で4回泣く人たち……。「どっち?」との問いに「どっちでもねーよ!」と答えたくなる機会があまりにも多い日々。私たちはいつだって、どっちでもないはず。納得と共感に溺れる社会で、与えられた選択肢を疑うための一冊。はじめに1 「どっちですか?」の危うさ2 「言葉にできない」3 要約という行為4 「2+3=○」「○+○=5」5 勝手に理解しないで6 理解が混雑する7 「一気にわかる!」必要性8 人心を1分で話すな9 なぜそこで笑ったのか10 なぜ笑うのか、なぜ笑えないのか11 全てを人に届ける12 説明不足13 「コード」にすがる14 ノイズを増やす15 4回泣けます16 コーヒーを吹くかもしれない17 深いって何だろう18 見せかけの優位19 偶然は自分のもの20 わざと雑にする21 そんなこと言ってないのに22 自分に迷わない人たち23 みんなで考えすぎ24 人はいつもぐちゃぐちゃおわりに コロナ禍の「わかりやすさ」の中で

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 紋切型社会 / 武田 砂鉄
    紋切型社会
    • 著者:武田 砂鉄
    • 翻訳:
    • 出版社:新潮社
    • 装丁:文庫(352ページ)
    • 発売日:2019-02-28
    • ISBN-10:4101216614
    • ISBN-13:978-4101216614
    内容紹介:
    何気なく耳にするフレーズには、実は社会の欺瞞が潜んでいる。「うちの会社としては」の“うち”とは一体誰なのか。「育ててくれてありがとう」が貧相にする家族観。「国益を損なうことになる」は個を消し去る。「会うといい人だよ」が生む閉鎖性。「なるほど。わかりやすいです。」という心地よい承認の罠。現代の紋切型を解体し、凝り固まった世間を震撼させる、スリルと衝撃のデビュー作。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 日本の気配 / 武田砂鉄
    日本の気配
    • 著者:武田砂鉄
    • 翻訳:
    • 出版社:晶文社
    • 装丁:単行本(ソフトカバー)(296ページ)
    • 発売日:2018-04-24
    • ISBN-10:4794969945
    • ISBN-13:978-4794969941
    内容紹介:
    「空気」が支配する国から、「気配」で自爆する国へ。一億総忖度社会の日本を覆う、危険な「気配」を追うフィールドワーク。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • コンプレックス文化論 / 武田 砂鉄
    コンプレックス文化論
    • 著者:武田 砂鉄
    • 翻訳:
    • 出版社:文藝春秋
    • 装丁:単行本(303ページ)
    • 発売日:2017-07-14
    • ISBN-10:4163906827
    • ISBN-13:978-4163906829
    内容紹介:
    気鋭の著者がコンプレックスを抱える表現者に話を聞き、文献を考察して「コンプレックスが文化を形成してきた」という仮説を立証!

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 芸能人寛容論: テレビの中のわだかまり / 武田 砂鉄
    芸能人寛容論: テレビの中のわだかまり
    • 著者:武田 砂鉄
    • 翻訳:
    • 出版社:青弓社
    • 装丁:単行本(252ページ)
    • 発売日:2016-08-15
    • ISBN-10:4787273914
    • ISBN-13:978-4787273918
    内容紹介:
    EXILE、石原さとみ、堂本剛、ベッキー、宮崎あおい、星野源……回り道を重ねて芸能人の生態を観察し、テレビの向こう側に私たちが感じるわだかまりを力の限りで受け止める。現代社会の「空気」をつかみ取り、テレビと私…

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす / 武田 砂鉄
    紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす
    • 著者:武田 砂鉄
    • 翻訳:
    • 出版社:朝日出版社
    • 装丁:単行本(ソフトカバー)(288ページ)
    • 発売日:2015-04-25
    • ISBN-10:4255008345
    • ISBN-13:978-4255008349
    内容紹介:
    日本人が連発する決まりきった〈定型文〉を入り口に、その奥で硬直する現代社会の症状を軽やかに解きほぐす。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 前へ
  • 1
  • 次へ
ページトップへ