東京ステーションホテル物語 / 種村 直樹
東京ステーションホテル物語
  • 著者:種村 直樹
  • 出版社:集英社
  • 装丁:文庫(254ページ)
  • 発売日:1999-08-20
  • ISBN-10:4087470938
  • ISBN-13:978-4087470932
内容紹介:
東京駅赤レンガ駅舎の中の小さなホテル、東京ステーションホテル。東京駅に出入りする電車群を眺めながら憩えるレストラン、丸の内南口を見おろせる隠れ家のような客室。このホテルを舞台に松本清張の『点と線』、川端康成の『女であること』、夏樹静子の『東京駅で消えた』などの名作が生まれた。80年以上の歴史を有し、個性豊かな名門ホテルの歩みとエピソードを鉄道史にからめて綴る。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ