悪魔のいる文学史―神秘家と狂詩人  / 澁澤 龍彦
悪魔のいる文学史―神秘家と狂詩人
  • 著者:澁澤 龍彦
  • 出版社:中央公論新社
  • 装丁:文庫(308ページ)
  • 発売日:1982-03-10
  • ISBN-10:4122009111
  • ISBN-13:978-4122009110
内容紹介:
その絶望と狂気ゆえに、ヨーロッパ精神史の正流からはずれた個所で光芒を放つ文学者たち ― 。彼らの狂気が、調和を根底に築かれた「文化」の偽善性を射る。埋もれた異才を発掘する異色の文学史。 【収録内容】「エリファス・レヴィ……神秘思想と社会変革」「グザヴィエ・フォルヌレ……黒いユーモア」「… もっと読む
その絶望と狂気ゆえに、ヨーロッパ精神史の正流からはずれた個所で光芒を放つ文学者たち ― 。彼らの狂気が、調和を根底に築かれた「文化」の偽善性を射る。埋もれた異才を発掘する異色の文学史。 【収録内容】「エリファス・レヴィ……神秘思想と社会変革」「グザヴィエ・フォルヌレ……黒いユーモア」「ペトリュス・ボレル……叛逆の狂詩人」「ピエール・フランソワ・ラスネール……殺人と文学」「小ロマン派群像……挫折した詩人たち」「エルヴェ・ド・サン・ドニ侯爵……夢の実験家」「シャルル・クロス……詩と発明」「ジョゼファン・ベランダとスタニスラス・ド・ガイタ侯爵……世紀末の薔薇十字団運動」「モンファコン・ド・ヴィラール……精霊と人間の交渉について」「シニストラリ・ダメノ……男性および女性の夢魔について」「サド侯爵……その生涯の最後の恋」「ザッヘル・マゾッホ……あるエピソード」「アンドレ・ブルトン……シュルレアリスムと錬金術の伝統」

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ