紀田 順一郎

紀田 順一郎JUNICHIRO KIDA

公式サイト: http://plus.harenet.ne.jp/~kida/

本名佐藤俊。1935年生まれ。評論家、作家。書誌学、メデイア論を専攻し、書物をテーマとした推理小説も手がける。2006-12年、神奈川近代文学館館長をつとめた。(主な著書)『20世紀を騒がせた本』(1993、新潮社)、『日本の書物』(1994、筑摩書房)『日記の虚実』(1995、筑摩書房)、『日本語大博物館』(1994、ジャス…もっと読む


紀田 順一郎の著作一覧
  • 蔵書一代―なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか / 紀田 順一郎
    蔵書一代―なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか
    • 著者:紀田 順一郎
    • 翻訳:
    • 出版社:松籟社
    • 装丁:単行本(206ページ)
    • 発売日:2017-07-01
    • ISBN-10:4879843571
    • ISBN-13:978-4879843579
    内容紹介:
    三万冊超の蔵書を処分した著者がその経験を踏まえ、近代日本の読書文化を振り返りつつ、「蔵書」の意義と可能性、その限界を探る。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 大伴昌司〈未刊行〉作品集 大伴昌司エッセンシャル / 紀田 順一郎
    大伴昌司〈未刊行〉作品集 大伴昌司エッセンシャル
    • 著者:紀田 順一郎
    • 翻訳:
    • 出版社:講談社
    • 装丁:コミック(196ページ)
    • 発売日:2016-09-29
    • ISBN-10:4063649997
    • ISBN-13:978-4063649994
    内容紹介:
    稀代の編集者 大伴昌司の生誕80周年記念で、盟友 紀田順一郎による大伴昌司を解く手がかりとなる単行本未収録作品集が初編纂!!

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 幻島はるかなり / 紀田 順一郎
    幻島はるかなり
    • 著者:紀田 順一郎
    • 翻訳:
    • 出版社:松籟社
    • 装丁:単行本(314ページ)
    • 発売日:2015-02-10
    • ISBN-10:4879843318
    • ISBN-13:978-4879843319
    内容紹介:
    めずらかなる書物とともに――
    戦中戦後の欠乏の時代、必死に本の形をしたものを求め続けた少年の前に、稀(まれ)ものたちの棲まうもう一つの世界が、その姿を現す――
    戦後日本ミステリの隆盛に併走し、幻想怪奇文学の発掘と紹介に心血を注いだ著者による、七十余年のクロニクル。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 「少年マガジン」「ぼくら」オリジナル復刻版 大伴昌司《SF・怪獣・妖怪》秘蔵大図解 / 紀田 順一郎
    「少年マガジン」「ぼくら」オリジナル復刻版 大伴昌司《SF・怪獣・妖怪》秘蔵大図解
    • 著者:紀田 順一郎
    • 翻訳:
    • 出版社:講談社
    • 装丁:コミック(176ページ)
    • 発売日:2014-10-18
    • ISBN-10:4063649636
    • ISBN-13:978-4063649635
    内容紹介:
    稀代の名プランナー、大伴昌司図解中心の講談社少年誌初出1960年代世界特撮黄金時代の門外不出オリジナル記事復刻版!!

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 書物愛 [日本篇]  /
    書物愛 [日本篇]
    • 翻訳:
    • 出版社:東京創元社
    • 装丁:文庫(324ページ)
    • 発売日:2014-02-28
    • ISBN-10:4488070744
    • ISBN-13:978-4488070748
    内容紹介:
    古書店での万引きの意外な真相、古書展でいつも同じ本を買う老人の秘密とは? 網棚に忘れられた本にはさまれた名刺は何を意味するのか。 書物の達人紀田順一郎が選びに選び抜いた、傑作アンソロジー日本篇。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 書物愛 [海外篇]  /
    書物愛 [海外篇]
    • 翻訳:
    • 出版社:東京創元社
    • 装丁:文庫(365ページ)
    • 発売日:2014-02-28
    • ISBN-10:4488070736
    • ISBN-13:978-4488070731
    内容紹介:
    滑稽でもあり悲しくもある書痴たちの諸相を、書物の達人紀田順一郎が選びに選び抜いた、傑作アンソロジー。ある人は身につまされ、ある人は笑い転げ、書物の魔力に改めて溜息をつくこと間違いなし。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • はじめてであう日本文学2 奇妙な物語 /
    はじめてであう日本文学2 奇妙な物語
    • 翻訳:
    • 出版社:成美堂出版
    • 装丁:単行本(ソフトカバー)(223ページ)
    • 発売日:2013-03-21
    • ISBN-10:4415315240
    • ISBN-13:978-4415315249
    内容紹介:
    「奇妙な物語」とは、珍しく、不思議な話のことです。この本では、昔から伝説や奇談として語り伝えられてきた話から、現代の科学でも説明できない現象についての話まで、「奇妙な物語」をたくさん集めてみました。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • はじめてであう日本文学3 食にまつわる話 /
    はじめてであう日本文学3 食にまつわる話
    • 翻訳:
    • 出版社:成美堂出版
    • 装丁:単行本(ソフトカバー)(223ページ)
    • 発売日:2013-03-21
    • ISBN-10:4415315259
    • ISBN-13:978-4415315256
    内容紹介:
    この本に収められた「食にまつわる話」は、食べ物が豊かでなかった時代に書かれたものばかりです。それだけに、食べ物への思いがこもっているので、心に残る話が多く、文章の味わいも深いといえるでしょう。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 謎の物語  /
    謎の物語
    • 翻訳:
    • 出版社:筑摩書房
    • 装丁:文庫(414ページ)
    • 発売日:2012-02-01
    • ISBN-10:4480429050
    • ISBN-13:978-4480429056
    内容紹介:
    ここに謎がある、答えはまだない。不思議な「謎の物語」15篇。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 乱歩彷徨―なぜ読み継がれるのか / 紀田 順一郎
    乱歩彷徨―なぜ読み継がれるのか
    • 著者:紀田 順一郎
    • 翻訳:
    • 出版社:春風社
    • 装丁:単行本(268ページ)
    • 発売日:2011-11-11
    • ISBN-10:4861102847
    • ISBN-13:978-4861102844
    内容紹介:
    第1部 乱歩低迷(深夜の瞑想
    「探偵小説」の曲がり角 ほか)
    第2部 乱歩彷徨(少年雑誌という舞台
    『怪人二十面相』における心理洞察 ほか)
    第3部 乱歩変容(「じつにおどろくべき変化」
    戦中体制への「協力」 ほか)
    第4部 乱歩復活("創造者"の自覚
    「私を怖わがらせた批評家」 ほか)

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 幕末明治傑物伝 / 紀田 順一郎
    幕末明治傑物伝
    • 著者:紀田 順一郎
    • 翻訳:
    • 出版社:平凡社
    • 装丁:単行本(312ページ)
    • 発売日:2010-09-02
    • ISBN-10:4582834795
    • ISBN-13:978-4582834796
    内容紹介:
    江戸‐横浜‐東京-発想と実行力が人生も世の中も変えた開化期、自己を恃み、乾坤一擲を賭した21人の物語。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 彷書摘録―時代をつなぐ読書 / 紀田 順一郎
    彷書摘録―時代をつなぐ読書
    • 著者:紀田 順一郎
    • 翻訳:
    • 出版社:松籟社
    • 装丁:単行本(203ページ)
    • 発売日:2010-01-28
    • ISBN-10:4879842788
    • ISBN-13:978-4879842787
    内容紹介:
    情報化時代だからこそ、いやます読書の大切さ。本読みの達人・紀田順一郎は、情報が氾濫する現代において、どのような/どのように本を読んでいるのか。サイト「紀田順一郎のIT 書斎」に発表され、好評を博した随想を集成。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 飛ぶ読書室 この本がおもしろいよ / 紀田順一郎
    飛ぶ読書室 この本がおもしろいよ
    • 著者:紀田順一郎
    • 出版社:みくに出版
    • 装丁:Kindle版(180ページ)
    • 発売日:2008-10-20

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 幻想と怪奇の時代 / 紀田 順一郎
    幻想と怪奇の時代
    • 著者:紀田 順一郎
    • 翻訳:
    • 出版社:松籟社
    • 装丁:単行本(266ページ)
    • 発売日:2007-03-20
    • ISBN-10:4879842508
    • ISBN-13:978-4879842503
    内容紹介:
    本書は、1960〜70年代、日本においてほとんど認知されていなかった怪奇幻想小説(ホラー、ファンタジーetc)を我が国に根付かせるべく奮闘した、パイオニアたちの記録である。
    自ら幻想書林に分け入り、師匠・平井呈一に叱咤され、盟友・大伴昌司+桂千穂と励まし合い、後継者・荒俣宏の情熱にうたれた、著者の熱き時代の回想録+評論集。
    雑誌The Horror、「幻想と怪奇」の挫折、「世界幻想文学大系」の大成功……日本における怪奇幻想文学ジャンルの草創期の熱気を余すところなく伝える。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 日本怪奇小説傑作集 3  /
    日本怪奇小説傑作集 3
    • 翻訳:
    • 出版社:東京創元社
    • 装丁:文庫(480ページ)
    • 発売日:2005-12-10
    • ISBN-10:4488564038
    • ISBN-13:978-4488564032

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 日本怪奇小説傑作集 2  /
    日本怪奇小説傑作集 2
    • 翻訳:
    • 出版社:東京創元社
    • 装丁:文庫(496ページ)
    • 発売日:2005-09-22
    • ISBN-10:448856402X
    • ISBN-13:978-4488564025

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • カネが邪魔でしょうがない 明治大正・成金列伝  / 紀田 順一郎
    カネが邪魔でしょうがない 明治大正・成金列伝
    • 著者:紀田 順一郎
    • 翻訳:
    • 出版社:新潮社
    • 装丁:単行本(205ページ)
    • 発売日:2005-07-14
    • ISBN-10:4106035537
    • ISBN-13:978-4106035531
    内容紹介:
    戊辰戦争から第一次大戦の好景気まで、軍需品を売り巨万の富を築いた戦争成金や、株の投機に成功した相場師、生糸やタバコでぼろ儲けした事業家は、豪邸を構え、愛人を囲い、芸妓を総揚げにして権勢を誇示した。常識破りの享楽と浪費の末に、急転直下、破産して哀れな末路をたどった富豪や成金たちの赤裸々な生き様を、豊富な資料と図版で描く人物列伝。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 日本怪奇小説傑作集1  / 紀田 順一郎,東 雅夫
    日本怪奇小説傑作集1
    • 著者:紀田 順一郎,東 雅夫
    • 翻訳:
    • 出版社:東京創元社
    • 装丁:文庫(496ページ)
    • 発売日:2005-07-08
    • ISBN-10:4488564011
    • ISBN-13:978-4488564018
    内容紹介:
    イギリスに伍して、怪奇幻想小説の最も広大な沃野と、奥深い背景を備えている国は日本である。民話、説話から近世の草双紙を辿り今日にいたるまで、妖異奇談の類は膨大な数にのぼる。この傑作集は、日本の怪奇小説が最大限のおもしろさと多様性を発揮した、明治以降の精華を選りすぐったものである。読者よ、本書を手がかりとして、"もう一つの文学史"の発見に到達されんことを。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 私の神保町 / 紀田 順一郎
    私の神保町
    • 著者:紀田 順一郎
    • 翻訳:
    • 出版社:晶文社
    • 装丁:単行本(257ページ)
    • 発売日:2004-10-10
    • ISBN-10:4794966261
    • ISBN-13:978-4794966261
    内容紹介:
    「屋並屋並に金文字飾り」(神田小唄)神保町の町名の由来は、江戸時代、この地区に広大な屋敷を構えていた神保伯耆守に因むもので、明治になって市区改正が施され、最初の古書店・高山書店が誕生する。創業者は有馬藩の弓師だった。ついで有史閣(のちの有斐閣)、三省堂などが開店し、明治18年頃には神… もっと読む
    「屋並屋並に金文字飾り」(神田小唄)神保町の町名の由来は、江戸時代、この地区に広大な屋敷を構えていた神保伯耆守に因むもので、明治になって市区改正が施され、最初の古書店・高山書店が誕生する。創業者は有馬藩の弓師だった。ついで有史閣(のちの有斐閣)、三省堂などが開店し、明治18年頃には神保町から小川町にかけて約50軒の書籍業者が営業していたといわれる。この地域は、近代日本を担う教育機関が集中していたところで、全国から優秀な学生たちが集まってきたので、勉学のための書籍のリサイクル・システムが成立したという。そんな街にうもれ、語りつがれてきた記憶と、一愛書家の自分史を重ねながら、神田古書街・神保町の戦後の隆盛、現在立ち至っている苦境を、愛惜を込めてつづる。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 翼のある言葉 / 紀田 順一郎
    翼のある言葉
    • 著者:紀田 順一郎
    • 出版社:新潮社
    • 装丁:Kindle版(190ページ)
    • 発売日:2003-11-30

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ページトップへ