探偵小説の黄金時代 / マーティン・エドワーズ
探偵小説の黄金時代
  • 著者:マーティン・エドワーズ
  • 翻訳:森英俊,白須清美
  • 出版社:国書刊行会
  • 装丁:単行本(480ページ)
  • 発売日:2018-10-25
  • ISBN:4336063001
内容紹介:
1930年、チェスタトンを会長とし、セイヤーズ、クリスティー、バークリーら錚々たる顔ぶれが集まり、探偵作家の親睦団体〈ディテクション・クラブ〉が発足した。
英国探偵小説黄金時代そのものと言っていい同クラブの歴史と作家たちの交流、フェアプレイの遵守を誓う入会儀式の詳細、リレー長篇出版などの活動、興味津々のゴシップまで、豊富なエピソードによって生き生きと描き出し、MWA賞(研究・評伝部門)を受賞した話題作。図版多数の一大人物図鑑。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ