母性という神話 / エリザベート・バダンテール
母性という神話
  • 著者:エリザベート・バダンテール
  • 翻訳:鈴木 晶
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:文庫(518ページ)
  • 発売日:1998-02-00
  • ISBN-10:448008410X
  • ISBN-13:978-4480084101
内容紹介:
いわゆる「母性愛」は本能などではなく、母親と子どもの日常的なふれあいの中で育まれる愛情である。それを「本能」とするのは、父権社会のイデオロギーであり、近代が作り出した幻想である…。母性本能の神話性を18世紀以来の育児事情の変遷により論証し、母と子の関係や女性の在り方について再考をうながした問題提起の書。1980年、フランスで出版されるや多くの反響や批判とともに大論議をよんだフェミニズム歴史学の金字塔。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ