パラノイアに憑かれた人々〈上〉ヒトラーの脳との対話 / ロナルド シーゲル
パラノイアに憑かれた人々〈上〉ヒトラーの脳との対話
  • 著者:ロナルド シーゲル
  • 翻訳:小林 等
  • 出版社:草思社
  • 装丁:単行本(214ページ)
  • ISBN-10:4794210833
  • ISBN-13:978-4794210838
内容紹介:
妄想症、偏執病と訳されるパラノイアは、内的な要因に発する妄想体系に冒される精神障害の病態である。妄想といっても支離滅裂なものではなく、それなりに論理的で筋が通ったものであり、妄想にとらわれている点以外は異常が認められないのが特徴であるという。著者はカリフォルニア大学の精神医学准教授。特異な妄想に取り憑かれた人々と数多く接しており、パラノイアをたんなる病的な異常として退けず、すべての人間の意識の奥底にひそむものとして考察を加えている。本書は著者が出会った11のケースについて、まるでミステリー小説のような筆致でその実態を克明に記述したものである。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ