四方田 犬彦

四方田 犬彦INUHIKO YOMOTA

1953年大阪府箕面生まれ。東京大学で宗教学を、同大学院で比較文学を学ぶ。エッセイスト、批評家、詩人。文学、映画を中心に、多岐にわたる今日の文化現象を論じる。明治学院大学、コロンビア大学、ボローニャ大学、テルアヴィヴ大学、中央大学(ソウル)、清華大学(台湾)などで、映画史と日本文化論の教鞭をとった。著…もっと読む


四方田 犬彦の著作一覧
  • 漫画のすごい思想 / 四方田犬彦
    漫画のすごい思想
    • 著者:四方田犬彦
    • 出版社:潮出版社
    • 装丁:単行本(336ページ)
    • 発売日:2017-06-05
    • ISBN:426702085X
    内容紹介:
    博覧強記の鬼才・四方田犬彦が、政治の季節からバブル崩壊に至るまでの日本人の精神構造を描ききった作品と漫画家を徹底解剖!

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 対話のために 「帝国の慰安婦」という問いをひらく /
    対話のために 「帝国の慰安婦」という問いをひらく
    • 著者:
    • 出版社:クレイン
    • 装丁:単行本(336ページ)
    • 発売日:2017-05-11
    • ISBN:4906681484
    内容紹介:
    朴裕河著『帝国の慰安婦』が問いかけた課題を、各界の論者たちが自らの専門領域に引き寄せて考察する。対立と論争に終止符を打つ。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 日本映画は信頼できるか / 四方田犬彦
    日本映画は信頼できるか
    • 著者:四方田犬彦
    • 出版社:現代思潮新社
    • 装丁:単行本(268ページ)
    • 発売日:2017-04-28
    • ISBN:4329100061
    内容紹介:
    1 日本映画論を始めるにあたって(日本映画の新しい福音のために映画は監督のものである日本映画は他者をいかに描いてきたか ほか)2 日本映画の"戦後"とは何か(『東京物語』の余白に内田吐夢と悪の救済今井正の再発見 ほか)3 二〇一〇年代、日本映画は信頼できるか(日本映画のなかの「戦後七十年」武正晴『EDEN』石井隆『フィギュアなあなた』 ほか)

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 猥褻なD夫人  / イルダ・イルスト
    猥褻なD夫人
    • 著者:イルダ・イルスト
    • 出版社:現代思潮新社
    • 装丁:単行本(198ページ)
    • 発売日:2017-01-20
    • ISBN:4329010240

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • アピチャッポン・ウィーラセタクン  ──光と記憶のアーティスト / 夏目 深雪,金子 遊,相澤 虎之助,アピチャッポン・ウィーラセタクン,飴屋 法水,綾部 真雄,伊藤 俊治,岩城 京子,カレン・ニューマン,北小路 隆志,キュンチョメ,佐々木 敦,高野 秀行,トニー・レ
    アピチャッポン・ウィーラセタクン ──光と記憶のアーティスト
    • 著者:夏目 深雪,金子 遊,相澤 虎之助,アピチャッポン・ウィーラセタクン,飴屋 法水,綾部 真雄,伊藤 俊治,岩城 京子,カレン・ニューマン,北小路 隆志,キュンチョメ,佐々木 敦,高野 秀行,トニー・レ
    • 出版社:フィルムアート社
    • 装丁:単行本(352ページ)
    • 発売日:2016-12-21
    • ISBN:4845916177
    内容紹介:
    2000年以降の「映画」を動かした鬼才。アジア、いや世界が誇るべき映像の魔術師を、各分野の識者が徹底的に解読!映画論/アート/人類学を軸に、その全貌に迫る!!映画ファンや映画研究者のみならず、全世界を注目させ続けているアピチャッポン・ウィーラセタクン。本年(2016年)は、全劇場長… もっと読む
    2000年以降の「映画」を動かした鬼才。アジア、いや世界が誇るべき映像の魔術師を、各分野の識者が徹底的に解読!映画論/アート/人類学を軸に、その全貌に迫る!!映画ファンや映画研究者のみならず、全世界を注目させ続けているアピチャッポン・ウィーラセタクン。本年(2016年)は、全劇場長編作の特集上映が実施され、3月には新作『光りの墓』公開、さいたまトリエンナーレへの参加、そして12月には東京都写真美術館での個展が開催されるなど、各所から注目を集めている。本書では、映画論に加え、アートと文化人類学を軸に、英語・タイ語論考の翻訳も交えながら、アジアのみならず世界の映画を代表する作家を多角的に解析。精霊/幽霊や王室、または固有の民族などのタイ文化に着目する文化人類学の観点や、映画と並行して創作しているヴィデオ・インスタレーションを中心としたアピチャッポン作品のアート的側面を論じつつ、映画作品の特定のシーンを分析することで、彼の作品世界で何を描こうとしているのか、その全貌を明らかにする。全長編作品を語る本人のインタビューと詳細な作品ガイドも収録!■ アピチャッポン・ウィーラセタクン1970年タイ・バンコクに生まれ、タイ東北部イサーン地方、コーンケンで育つ。コーンケン大学で建築を学んだ後、シカゴ美術館付属シカゴ美術学校で映画制作修士を取得。 1993年に短編映画、ショート・ヴィデオの制作を開始し、2000年に初の長編映画を制作。1999年に「Kick the Machine Films」を設立。既存の映画システムに属さず、実験的でインディペンデントな映画制作を行っている。長編映画『ブンミおじさんの森』で2010年カン ヌ国際映画祭最高賞(パルムドール)受賞。映画監督として活躍する一方、1998年以降、現代美術作家として映像インスタレーションを中心に旺盛な活動を行っている。2009年の大規模な映像インスタレーション「プリミティブ」は、ドイツ・ミュンヘンのハウス・デア・クンストにはじまり、数多くの美術館を巡回。2012年にチャイシリと協働でドクメンタ13に出展、2013年に参加したシャルジャ・ビエンナーレではチャイシリとの協働作品が金賞を受賞。同年に福岡アジア文化賞を受賞している。2015年は初のパフォーマンス作品《Fever Room》を韓国・光州のアジアン・アート・シアターで発表し、各都市で公演が続いている。2016年にチェンマイに開館したMIIAM現代美術館で、タイ初となる大規模個展を開催した。チェンマイ在住。<主なフィルモグラフィ>真昼の不思議な物体(2000)、ブリスフリー・ユアーズ(2002)、アイアン・プッシーの大冒険(2003)、トロピカル・マラディ(2004)、世紀の光(2006)、ブンミおじさんの森(2010)、メコンホテル(2012)、光りの墓(2015)

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 署名はカリガリ: 大正時代の映画と前衛主義 / 四方田 犬彦
    署名はカリガリ: 大正時代の映画と前衛主義
    • 著者:四方田 犬彦
    • 出版社:新潮社
    • 装丁:単行本(297ページ)
    • 発売日:2016-11-30
    • ISBN:4103671092
    内容紹介:
    谷崎潤一郎、溝口健二、衣笠貞之助――ドイツ表現主義映画の傑作『カリガリ博士』が、日本の作家や映画監督達に与えた衝撃をたどる。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • アンソロジー 餃子 / 菊谷 匡祐,黒鉄 ヒロシ,小泉 武夫,小菅 桂子,小林 カツ代,今 柊二,鷺沢 萠,椎名 誠,東海林 さだお,南條 竹則,難波 淳,野中 柊,浜井 幸子,林家 正蔵,パラダイス山元,平松 洋子,藤原
    アンソロジー 餃子
    • 著者:菊谷 匡祐,黒鉄 ヒロシ,小泉 武夫,小菅 桂子,小林 カツ代,今 柊二,鷺沢 萠,椎名 誠,東海林 さだお,南條 竹則,難波 淳,野中 柊,浜井 幸子,林家 正蔵,パラダイス山元,平松 洋子,藤原
    • 出版社:パルコ
    • 装丁:単行本(239ページ)
    • 発売日:2016-04-28
    • ISBN:4865061703

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 映画女優 若尾文子【新装版】 / 四方田 犬彦,斉藤 綾子
    映画女優 若尾文子【新装版】
    • 著者:四方田 犬彦,斉藤 綾子
    • 出版社:みすず書房
    • 装丁:単行本(352ページ)
    • 発売日:2016-04-09
    • ISBN:4622079976

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 母の母、その彼方に / 四方田 犬彦
    母の母、その彼方に
    • 著者:四方田 犬彦
    • 出版社:新潮社
    • 装丁:単行本(237ページ)
    • 発売日:2016-02-26
    • ISBN:4103671084
    内容紹介:
    近代日本を駆け抜けた三人の四方田家の女性。柳子。美恵。昌子。彼女たちの人生を調べるうちに思いもかけない物語が現れてくる……。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 土地の精霊 / 四方田 犬彦
    土地の精霊
    • 著者:四方田 犬彦
    • 出版社:筑摩書房
    • 装丁:単行本(315ページ)
    • 発売日:2016-01-25
    • ISBN:4480815287
    内容紹介:
    寺院の神像、女霊媒師、路傍の乞食。現代と過去のあいだで、身体性と〈土地の記憶〉が響きあう。世界を旅し、近代の底に眠る聖なる存在を掘りおこす紀行エッセイ

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • ニューヨークより不思議  / 四方田 犬彦
    ニューヨークより不思議
    • 著者:四方田 犬彦
    • 出版社:河出書房新社
    • 装丁:文庫(368ページ)
    • 発売日:2015-07-04
    • ISBN:4309413862
    内容紹介:
    27年の時を経たニューヨークへの旅が告げる、どこにも帰属できない者たちが集まる都市の歓喜と幻滅。みずみずしい長編エッセイ。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 復刻版 少年滿洲讀本  / 長與 善郎,四方田 犬彦
    復刻版 少年滿洲讀本
    • 著者:長與 善郎,四方田 犬彦
    • 出版社:徳間書店
    • 装丁:文庫(317ページ)
    • 発売日:2015-07-03
    • ISBN:4199070362
    内容紹介:
    白樺派作家が描く満洲の実像、昭和13年刊『少年満洲読本』の復刻版。満洲とはなんだったのか。いまこそ、読み返す意義は大きい

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 犬たちの肖像 / 四方田 犬彦
    犬たちの肖像
    • 著者:四方田 犬彦
    • 出版社:集英社
    • 装丁:単行本(344ページ)
    • 発売日:2015-06-26
    • ISBN:4087715957
    内容紹介:
    人間のもっとも古い伴侶にして身近な他者──「犬」。古代叙事詩から現代の小説、SFそして映画と漫画に至るまで、「犬」のイメージの変遷を辿る。博覧強記・四方田犬彦による古今東西文学エッセイ集。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • テロルと映画 - スペクタクルとしての暴力  / 四方田 犬彦
    テロルと映画 - スペクタクルとしての暴力
    • 著者:四方田 犬彦
    • 出版社:中央公論新社
    • 装丁:新書(201ページ)
    • 発売日:2015-06-25
    • ISBN:4121023250
    内容紹介:
    2001年のアメリカ同時多発テロ事件後、ハリウッドをはじめ世界各国で、テロリスムを主題とする映画が数多く製作されている。現在にいたるまでの半世紀、映画は凄惨な暴力をいかに描いてきたのか?本書は、テクノロジーの発展やテロリストの内面など、多様な観点からブニュエルや若松孝二、ファスビンダーらの作品を論じ、テロリスムと映画の関係性をとらえ直す。それは、芸術の社会的な意味を探る試みでもある。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 完全版 山口百恵は菩薩である / 平岡 正明
    完全版 山口百恵は菩薩である
    • 著者:平岡 正明
    • 出版社:講談社
    • 装丁:単行本(434ページ)
    • 発売日:2015-06-10
    • ISBN:4062193620
    内容紹介:
    究極の百恵伝説を描き上げ、歌謡曲評論を思想にまで高めた歴史的名著、完全版となって、いま甦える!

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 民族でも国家でもなく: 北朝鮮・ヘイトスピーチ・映画 / 李 鳳宇,四方田 犬彦
    民族でも国家でもなく: 北朝鮮・ヘイトスピーチ・映画
    • 著者:李 鳳宇,四方田 犬彦
    • 出版社:平凡社
    • 装丁:単行本(235ページ)
    • 発売日:2015-04-24
    • ISBN:4582282628
    内容紹介:
    ヘイトスピーチ、日本と朝鮮半島、ネットメディア等々。世界が不吉で不幸な方向へ滑り出していく時、われわれは何をすればよいのか。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 台湾の歓び / 四方田 犬彦
    台湾の歓び
    • 著者:四方田 犬彦
    • 出版社:岩波書店
    • 装丁:単行本(336ページ)
    • 発売日:2015-01-15
    • ISBN:4000610104
    内容紹介:
    数多くの民族と言語を抱えながら、きわめて実験的な文学や、洗練された映画を産み出してやまない台湾。その文化・社会とはどのようなものか。台北、台南を拠点に街を歩き、詩人、映画人らと対話を重ね、夜を徹した媽祖巡礼へ参加し、その尽きせぬ魅力について縦横に語る。長期滞在を機に書き下ろす、初の台湾紀行。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • よみがえる夢野久作 《『東京人の堕落時代』を読む》FUKUOKA U ブックレット8 / 四方田 犬彦
    よみがえる夢野久作 《『東京人の堕落時代』を読む》FUKUOKA U ブックレット8
    • 著者:四方田 犬彦
    • 出版社:弦書房
    • 装丁:単行本(ソフトカバー)(64ページ)
    • 発売日:2014-12-05
    • ISBN:4863291094
    内容紹介:
    夢野久作・生誕125周年/天才芸術家は未来を予測する。夢野久作を読むという行為は、これからこそ、真に開始されなければならない

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • クリス・マルケル 遊動と闘争のシネアスト / 港 千尋,金子 遊,東 志保,四方田犬彦,堀 潤之,門間貴志,柳原孝敦,鴻 英良,越後谷卓司,岡田秀則,千葉文夫,吉田孝行
    クリス・マルケル 遊動と闘争のシネアスト
    • 著者:港 千尋,金子 遊,東 志保,四方田犬彦,堀 潤之,門間貴志,柳原孝敦,鴻 英良,越後谷卓司,岡田秀則,千葉文夫,吉田孝行
    • 出版社:森話社
    • 装丁:単行本(320ページ)
    • 発売日:2014-11-25
    • ISBN:4864050716
    内容紹介:
    映画、文学、写真、CG、インターネット、アクティヴィズム。空間とメディアを横断し創作を通して闘い続けた稀代の表現者。死後もなお注目をあつめてやまないその謎に包まれた世界を多角的に考察する本邦初のクリス・マルケル論集。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • こんにちは、ユダヤ人です  / ロジャー パルバース,四方田 犬彦
    こんにちは、ユダヤ人です
    • 著者:ロジャー パルバース,四方田 犬彦
    • 出版社:河出書房新社
    • 装丁:単行本(252ページ)
    • 発売日:2014-10-15
    • ISBN:4309624774
    内容紹介:
    世界を舞台に活躍するユダヤ人と日本人がユダヤについて縦横無尽に語り合う、ユダヤと世界への新しい視点をひらく対談による入門。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ページトップへ