大学という病―東大紛擾と教授群像  / 竹内 洋
大学という病―東大紛擾と教授群像
  • 著者:竹内 洋
  • 出版社:中央公論新社
  • 装丁:文庫(346ページ)
  • 発売日:2007-07-01
  • ISBN:4122048877
内容紹介:
昭和三年、三・一五事件で東京帝国大生の検挙者が続出、学内では左傾教授の処分が行われた。左傾認定を受けた大森義太郎は自ら辞任するが、それは十年にわたる派閥抗争の序章に過ぎなかった-。経済学部を壊滅状態に追いやった「大森事件」とその余波を豊富なエピソードとデータを駆使して描き、大学のあり方を問う警世の書。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ページトップへ