竹内 洋

竹内 洋YOU TAKEUCHI

1942年生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程単位修得退学。教育学博士(京都大学)。京都大学大学院教育学研究科教授、同研究科長、同学部長を経て、関西大学文学部教授、同人間健康学部長を歴任。現在関西大学東京センター長。京都大学名誉教授・関西大学名誉教授。著書:『教養主義の没落』『丸山眞男の時代』(…もっと読む


竹内 洋の著作一覧
  • アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか?  / アキ ロバーツ,竹内洋
    アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか?
    • 著者:アキ ロバーツ,竹内洋
    • 翻訳:
    • 出版社:朝日新聞出版
    • 装丁:新書(280ページ)
    • 発売日:2017-01-13
    • ISBN:4022737034
    内容紹介:
    【社会科学/教育】管理職が手にする報酬5億円! 中退率50パーセント! アメリカの大学改革をまねし続ける日本の教育界はこの実態を知っているのか? 巨大格差を「再生産」する驚愕の実態を在米20年以上の現役大学教員が徹底リポート。竹内洋氏との初の親子共著。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 日本のメリトクラシー 増補版: 構造と心性 / 竹内 洋
    日本のメリトクラシー 増補版: 構造と心性
    • 著者:竹内 洋
    • 翻訳:
    • 出版社:東京大学出版会
    • 装丁:単行本(344ページ)
    • 発売日:2016-12-24
    • ISBN:4130511416
    内容紹介:
    日本型メリトクラシーの特徴を、理論と実証から明らかにした教育社会学の名著が、補章と解説を増補しあらたによみがえる。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 革新幻想の戦後史 上  / 竹内 洋
    革新幻想の戦後史 上
    • 著者:竹内 洋
    • 翻訳:
    • 出版社:中央公論新社
    • 装丁:文庫(369ページ)
    • 発売日:2015-09-19
    • ISBN:4122061725
    内容紹介:
    戦後社会を席捲した「左派でなければ知的ではない」という空気"革新幻想"はどのようなものだったのか。渦中を見てきた社会学者が自分史と交差させながら、膨大な文献と聞き取り調査を駆使して立体的に描き出す。第一三回読売・吉野作造賞受賞作。文庫版上巻には補論「昭和戦前期「左傾学生」の群像-統計的考察」を増補。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 革新幻想の戦後史 下  / 竹内 洋
    革新幻想の戦後史 下
    • 著者:竹内 洋
    • 翻訳:
    • 出版社:中央公論新社
    • 装丁:文庫(377ページ)
    • 発売日:2015-09-19
    • ISBN:4122061733
    内容紹介:
    大学キャンパスを支配した"革新幻想"は、何をもたらし、どのようなねじれが生じたのか。そしてインテリと大衆の境目がなくなった現在、社会はどこへ向かうのか。左派と保守の二項対立では要約できない「あの時代の空気」を様々な切り口から掬い上げる。文庫版下巻には補論「鉄のトライアングル-進歩的文化人・岩波・朝日」を増補。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 立志・苦学・出世 受験生の社会史  / 竹内 洋
    立志・苦学・出世 受験生の社会史
    • 著者:竹内 洋
    • 翻訳:
    • 出版社:講談社
    • 装丁:文庫(208ページ)
    • 発売日:2015-09-11
    • ISBN:4062923181
    内容紹介:
    近代日本人のライフコースに「受験」はどんな意味を持ったのか。心性史の観点から受験的生活世界の言説と社会のエートスを解読する。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 大衆の幻像 / 竹内 洋
    大衆の幻像
    • 著者:竹内 洋
    • 翻訳:
    • 出版社:中央公論新社
    • 装丁:単行本(321ページ)
    • 発売日:2014-07-09
    • ISBN:4120046192
    内容紹介:
    指導者の劣化か、醜い大衆の反映か。民意と世論に踊る政治家、テレビのなかで消費される知識人、「上から目線」を悪とする社会…超ポピュリズム時代の希望とは。震災後の「空気」を読み解く評論集。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 岩波茂雄と出版文化 近代日本の教養主義  / 村上 一郎
    岩波茂雄と出版文化 近代日本の教養主義
    • 著者:村上 一郎
    • 翻訳:
    • 出版社:講談社
    • 装丁:文庫(176ページ)
    • 発売日:2013-12-11
    • ISBN:4062922088
    内容紹介:
    近代日本の学歴社会の進展において、岩波書店にはどんな役割があったのか? アカデミズム、インテリゲンチャと出版文化の関係を解読

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • メディアと知識人 - 清水幾太郎の覇権と忘却 / 竹内 洋
    メディアと知識人 - 清水幾太郎の覇権と忘却
    • 著者:竹内 洋
    • 翻訳:
    • 出版社:中央公論新社
    • 装丁:単行本(373ページ)
    • 発売日:2012-07-09
    • ISBN:412004405X
    内容紹介:
    売文業者か、思想家か。ネット・テレビ・活字論壇に登場し、今をときめく「メディア知識人」たち。忘れ去られた思想家清水幾太郎から、彼らの生存戦略そして「業」が見えてくる。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 革新幻想の戦後史 / 竹内 洋
    革新幻想の戦後史
    • 著者:竹内 洋
    • 翻訳:
    • 出版社:中央公論新社
    • 装丁:単行本(546ページ)
    • 発売日:2011-10-22
    • ISBN:4120043002
    内容紹介:
    戦後社会では、さまざまな空間を革新勢力が席捲していった。しかしそうした雰囲気は、多分に焚きつけられ、煽られたものであった。誰が、どのように時代の気分を誘導したのだろうか。また、それはどのように、その後のねじれた結果をもたらしたのか。膨大な文献資料から聴き取り調査までを駆使し、今につながるその全貌に迫る。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 学校と社会の現代史 / 竹内 洋
    学校と社会の現代史
    • 著者:竹内 洋
    • 翻訳:
    • 出版社:左右社
    • 装丁:単行本(ソフトカバー)(196ページ)
    • 発売日:2011-09-29
    • ISBN:4903500640
    内容紹介:
    いま学校に何ができるか。「教育の信頼」を取り戻すため、学校教育の理想と現実をたどる。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 大学の下流化 / 竹内 洋
    大学の下流化
    • 著者:竹内 洋
    • 翻訳:
    • 出版社:エヌティティ出版
    • 装丁:単行本(262ページ)
    • 発売日:2011-04-12
    • ISBN:4757142692
    内容紹介:
    「たしなむ」教養と「ため込む」教養、研究・教育の質を下げる大学無格差社会、大衆主義に迎合するテレビ文化人…高等教育の普及は浮薄の普及なり。大衆主義という圧力鍋。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 現代人にとって健康とはなにか―からだ、こころ、くらしを豊かに /
    現代人にとって健康とはなにか―からだ、こころ、くらしを豊かに
    • 翻訳:
    • 出版社:書肆クラルテ
    • 装丁:単行本(250ページ)
    • 発売日:2011-04-01
    • ISBN:4886026427
    内容紹介:
    健康不安の社会を読み解き、さまざまな視点から現代人の健康問題に迫る。関西大学人間健康学部のスタッフによる健康エッセー集。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 知識人とファシズム―近衛新体制と昭和研究会 / マイルズ・フレッチャー
    知識人とファシズム―近衛新体制と昭和研究会
    • 著者:マイルズ・フレッチャー
    • 翻訳:井上 義和,竹内 洋
    • 出版社:柏書房
    • 装丁:単行本(362ページ)
    • 発売日:2011-03-18
    • ISBN:476013686X
    内容紹介:
    自らの理念を現実化すべく国策関与を深める蝋山政道、三木清、笠信太郎ら当代随一の知識人たち。はたして1930年代は「暗い谷間」だったのか?戦後思想を規定した丸山眞男の誤謬を撃ち、昭和戦前期のイメージを根源から塗り替える。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 学歴貴族の栄光と挫折  / 竹内 洋
    学歴貴族の栄光と挫折
    • 著者:竹内 洋
    • 翻訳:
    • 出版社:講談社
    • 装丁:文庫(432ページ)
    • 発売日:2011-02-10
    • ISBN:4062920360
    内容紹介:
    白線入りの帽子にマントを身にまとう選良民=旧制高校生は、「寮雨」を降らせ、ドイツ語風のジャーゴンを使い、帝国大学を経て指導者・知識人となる。『三太郎の日記』と「教養主義」、マルクス主義との邂逅、太平洋戦争そして戦後民主主義へ…。近代日本を支えた「社会化装置」としての「旧制高等学校的なるもの」を精査する。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 学問の下流化 / 竹内 洋
    学問の下流化
    • 著者:竹内 洋
    • 翻訳:
    • 出版社:中央公論新社
    • 装丁:単行本(302ページ)
    • 発売日:2008-10-01
    • ISBN:4120039838
    内容紹介:
    うけ狙いのポピュリズム化とオタク化の進む学界。紋切り型の右翼・左翼から抜け出せない論壇。書店にあふれるお手軽な「下流」新書…書き手として、読み手として考える「教養主義の没落」後の教養。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 社会学の名著30  / 竹内 洋
    社会学の名著30
    • 著者:竹内 洋
    • 翻訳:
    • 出版社:筑摩書房
    • 装丁:新書(248ページ)
    • 発売日:2008-04-01
    • ISBN:4480064192
    内容紹介:
    「社会」をどうみるか?われわれもその一員でありながら、いやそうであればこそ、社会をとらえるのは実はとても難しい。社会学は、一見わかりやすそうで意外に手ごわい。ただし、良質な入門書、面白い解説書に導かれれば、見慣れたものの意味がめくるめく変容し、知的興奮を覚えるようになるはず。本書では、著者自身が面白く読んだ書30冊を厳選。社会学の虜になることうけあいの、最良のブックガイド。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 大学という病―東大紛擾と教授群像  / 竹内 洋
    大学という病―東大紛擾と教授群像
    • 著者:竹内 洋
    • 翻訳:
    • 出版社:中央公論新社
    • 装丁:文庫(346ページ)
    • 発売日:2007-07-01
    • ISBN:4122048877
    内容紹介:
    昭和三年、三・一五事件で東京帝国大生の検挙者が続出、学内では左傾教授の処分が行われた。左傾認定を受けた大森義太郎は自ら辞任するが、それは十年にわたる派閥抗争の序章に過ぎなかった-。経済学部を壊滅状態に追いやった「大森事件」とその余波を豊富なエピソードとデータを駆使して描き、大学のあり方を問う警世の書。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 学校システム論  / 竹内洋
    学校システム論
    • 著者:竹内洋
    • 翻訳:
    • 出版社:放送大学教育振興会
    • 装丁:単行本(218ページ)
    • 発売日:2007-03-01
    • ISBN:4595135106

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 日本主義的教養の時代―大学批判の古層 /
    日本主義的教養の時代―大学批判の古層
    • 翻訳:
    • 出版社:柏書房
    • 装丁:単行本(309ページ)
    • 発売日:2006-02-01
    • ISBN:4760128638
    内容紹介:
    戦前「護憲」の降魔剣"日本主義"を解明。「右翼」「反動」のレッテル貼りで忌避されてきた一九三〇年代"日本主義"の大学批判。マルクス主義的教養の機能的代替となった日本主義的教養の担い手たち。来るべき時代を読み解く画期的論集。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 丸山眞男の時代―大学・知識人・ジャーナリズム  / 竹内 洋
    丸山眞男の時代―大学・知識人・ジャーナリズム
    • 著者:竹内 洋
    • 翻訳:
    • 出版社:中央公論新社
    • 装丁:新書(339ページ)
    • 発売日:2005-11-01
    • ISBN:4121018206
    内容紹介:
    戦後の市民による政治参加に圧倒的な支配力を及ぼした丸山眞男。そのカリスマ的な存在感の背景には、意外なことに、戦前、東大法学部の助手時代に体験した、右翼によるヒステリックな恫喝というトラウマがあった。本書は、六〇年安保を思想的に指導したものの、六〇年代後半には学生から一斉に背を向けられる栄光と挫折の遍歴をたどり、丸山がその後のアカデミズムとジャーナリズムに与えた影響を検証する。

    ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ページトップへ