下中彌三郎: アジア主義から世界連邦運動へ / 中島岳志
下中彌三郎: アジア主義から世界連邦運動へ
  • 著者:中島岳志
  • 出版社:平凡社
  • 装丁:単行本(384ページ)
  • 発売日:2015-03-20
  • ISBN-10:4582824749
  • ISBN-13:978-4582824742
内容紹介:
戦前・戦中に熱烈な超国家主義者であった下中彌三郎は、なぜ戦後、絶対平和の立場を貫いたのか!?「エタイの知れぬ怪物」と評された下中の生涯に迫る! 平凡社の創業、日本初の本格的百科事典の刊行、大正期の労働運動や、啓明会、池袋児童の村小学校での自由教育運動、アジア主義、世界連邦運… もっと読む
戦前・戦中に熱烈な超国家主義者であった下中彌三郎は、
なぜ戦後、絶対平和の立場を貫いたのか!?
「エタイの知れぬ怪物」と評された下中の生涯に迫る!


平凡社の創業、日本初の本格的百科事典の刊行、大正期の労働運動や、
啓明会、池袋児童の村小学校での自由教育運動、アジア主義、
世界連邦運動、絶対平和主義……。
数々の団体・運動を主宰し、日本の近現代史をめまぐるしく駆け抜けた下中は、
時に「遊動円木」と揶揄されるほど、右派/左派に激しくぶれ、
思想的一貫性のない日和見主義と考えられてきた。
しかし、いままで語られることのなかった下中の「一貫性」にこそ、
現代の日本にも通じる危うさが含まれているのではないか。
超国家主義と平和主義が連続してつながる「ユートピア的楽土の追求」という地平を、
下中の生涯を通じて描き出す。


「私が描きたいのは、多くの人たちが捉え損なってきた下中の一貫性である。彼を右派/左派という枠組みで捉えようとすると、必ず彼はそこから零れ落ちてしまう。結果、「無理論」で「ゴッチャ」な人物という評価が与えられてしまう。問題は下中にあるのではなく、下中を分析する枠組みにある。
下中は膨大な量の論考を発表し、数々の団体を組織している。その全体像を把握するだけでも、途方もない作業が必要になる。しかし、困難や労力を引き受けてでも、下中の生涯を明らかにすることには意味がある。彼の人生から普遍的な課題を抽出することが、本書の目的である。平凡社創業者の偉人伝や成功譚を書くつもりはない。(略)
本書は私にとって、下中彌三郎との闘いの軌跡である。下中の危うさを乗り越えることは、私の思想課題に直結する。(略)その作業は、不安定で見通しのきかない時代に生きる我々にとって、必要不可欠のものである。」(「はじめに」より)

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ