若松英輔エッセイ集 悲しみの秘義 / 若松 英輔
若松英輔エッセイ集 悲しみの秘義
  • 著者:若松 英輔
  • 出版社:ナナロク社
  • 装丁:単行本(160ページ)
  • 発売日:2015-11-27
  • ISBN:4904292650
内容紹介:
悲しみを通じてしか見えてこないものが、この世には存在する。涙は、必ずしも頬を伝うとは限らない。悲しみが極まったとき、涙は涸れることがある。深い悲しみのなか、勇気をふりしぼって生きている人は皆、見えない涙が胸を流れることを知っている。人生には悲しみを通じてしか開かない扉がある。悲しむ者は、新しい生の幕開けに立ち会っているのかもしれない。耳をすます、小さな声で勇気と希望に語りかける、二十五編のエッセイ。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ