塚本晋也×野火 /
塚本晋也×野火
  • 監修:塚本 晋也
  • 出版社:游学社
  • 装丁:単行本(103ページ)
  • 発売日:2015-07-11
  • ISBN-10:4904827325
  • ISBN-13:978-4904827321
内容紹介:
戦争文学の金字塔・大岡昇平氏『野火』を、鬼才・塚本晋也が戦後70年の今、気迫の自主制作によって映画化!ヴェネチア国際映画祭コンペ部門出品、バーゼル・ビルシュトラウス映画祭(スイス)のインターナショナル・コンペ部門でグランプリ受賞など、海外でも高く評価された塚本晋也監督最新作『野火… もっと読む
戦争文学の金字塔・大岡昇平氏『野火』を、鬼才・塚本晋也が戦後70年の今、気迫の自主制作によって映画化!
ヴェネチア国際映画祭コンペ部門出品、バーゼル・ビルシュトラウス映画祭(スイス)のインターナショナル・コンペ部門でグランプリ受賞など、海外でも高く評価された塚本晋也監督最新作『野火』がいよいよ日本公開。
本書は、塚本監督自らが監修、作品の背景となるものを、内側、側面、裏側から抉り、「野火」の舞台となった「レイテ戦」とは何だったのか、そして「戦争」なるものとは何か、その本質に迫ろうとする1冊。鬼才はなぜ、資金の集まらない中、私財をなげうって本作の映画化に挑んだのか。戦後70年の今、映画をさらに深く味わうための必読書。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

この本の書評/解説/選評
ページトップへ