• 2020/03/17

【YouTube無料生放送】2020年3月28日(土) 沼野充義(東京大学教授)最終講義「チェーホフとサハリンの美しいニヴフ人――村上春樹、大江健三郎からサンギまで」



沼野充義(東京大学教授)最終講義
「チェーホフとサハリンの美しいニヴフ人――村上春樹、大江健三郎からサンギまで」

ロシア・東欧文学研究者、文芸評論家として活躍されている沼野充義教授は、今年2020年3月末で東京大学を定年退職されます。

当初予定されていた最終講義、シンポジウムは、残念ながら中止となりましたが、この度、ALL REVIEWSとして協力を申し出、快諾をいただきまして、「東大教授としての最終講義」をYouTubeにて生配信させていただくことになりました。

文芸評論、世界文学論、翻訳など、多くの領域で活躍された沼野教授によるネットでの初めての講義、ぜひご覧ください。

【日時】2020年3月28日(土)16:00~17:30(予定)

【進行】阿部賢一(東京大学准教授)

【プロフィール】
■沼野充義(東京大学教授/ロシア・東欧文学研究者/文芸評論家)
1954年東京生まれ。東京大学卒、ハーバード大学スラヴ語学文学科に学ぶ。2017年10月現在、東京大学教授。2002年、『徹夜の塊 亡命文学論』(作品社)でサントリー学芸賞、2004年、『ユートピア文学論』(作品社)で読売文学賞評論・伝記賞を受賞。著書に『屋根の上のバイリンガル』(白水社)、『ユートピアへの手紙』(河出書房新社)、訳書に『賜物』(河出書房新社)、『ナボコフ全短篇』(共訳、作品社)、スタニスワフ・レム『ソラリス』(国書刊行会)、シンボルスカ『終わりと始まり』(未知谷)など。
ALL REVIEWSに掲載中の書評 https://allreviews.jp/reviewer/96

■阿部賢一(東京大学准教授/チェコ文学者)
1972年、東京生まれ。東京大学人文社会系研究科准教授。チェコを中心とする中東欧の文学・美術、シュルレアリスム、比較文学に関心を寄せている。著書に『複数形のプラハ』(人文書院)、『カレル・タイゲ ポエジーの探求者』(水声社)など、訳書にアイヴァス『もうひとつの街』(河出書房新社)、フラバル『剃髪式』(松籟社)、オウジェドニーク『エウロペアナ 20世紀史概説』(第一回日本翻訳大賞受賞)、セイヤー『プラハ、20世紀の首都 あるシュルレアリスム的な歴史』(以上、共訳、白水社)などがある。
ALL REVIEWSに掲載中の書評 https://allreviews.jp/reviewer/146

■関連記事
【イベントレポート】第2回書評家と行く書店ツアー:沼野充義さん@東京堂書店(https://allreviews.jp/news/3781)

■「ALL REVIEWS 友の会」について
https://allreviews.jp/tomonokai

【閲覧URL】https://youtu.be/R4pZueSRP0g(どなたでも閲覧いただけます)

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ
関連ニュース
ページトップへ