【オンライン視聴可能|イベント情報】2022/11/24 (木) 20:00 - 21:30 江國 香織 × 豊崎 由美、井上 荒野『小説家の一日』(文藝春秋)を読む

  • 2022/11/16

2022/11/24 (木) 20:00 - 21:30 江國 香織 × 豊崎 由美、井上 荒野『小説家の一日』(文藝春秋)を読む

書評アーカイブサイト・ALL REVIEWSのファンクラブ「ALL REVIEWS 友の会」の特典対談番組「月刊ALL REVIEWS」、フィクション部門第47回はゲストに小説家の江國 香織さんをお迎えし、井上 荒野『小説家の一日』(文藝春秋)を読み解きます。

メインパーソナリティーは豊崎由美さん。

【読み解く本】

■井上 荒野『小説家の一日』(文藝春秋)
https://allreviews.jp/isbn/4163916059
小説家の一日 / 井上 荒野
小説家の一日
  • 著者:井上 荒野
  • 出版社:文藝春秋
  • 装丁:単行本(256ページ)
  • 発売日:2022-10-13
  • ISBN-10:4163916059
  • ISBN-13:978-4163916057
内容紹介:
短篇の名手が、深遠なカタルシスを紡ぎ出す。すべて「書くこと」をテーマに、さまざまな日常の忘れられない瞬間を描いた珠玉の十篇!

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。



【出演者プロフィール】

■江國 香織(えくに・かおり)
1964年東京生まれ。1987年「草之丞の話」で「小さな童話」大賞、1989年「409ラドクリフ」でフェミナ賞を受賞。以後、坪田譲治文学賞、紫式部文学賞、路傍の石文学賞、山本周五郎賞の受賞を経て、2004年には『号泣する準備はできていた』で直木賞を受賞。さらに島清恋愛文学賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞を受賞。近作に『去年の雪』『ひとりでカラカサさしてゆく』など。
https://allreviews.jp/reviewer/100

■豊崎 由美(とよざき・ゆみ)
1961年生まれ。ライター、ブックレビュアー。
「週刊新潮」「中日新聞」「DIME」などで書評を連載。著書は『そんなに読んで、どうするの?』『どれだけ読めば、気がすむの?』(以上アスペクト)、『文学賞メッタ斬り』『百年の誤読』(以上、共著、ちくま文庫)、『勝てる読書』(河出書房新書)、『読まずに小説書けますか』(共著、メディアファクトリー)、『石原慎太郎を読んでみた』(共著、原書房)など多数。近著に『「騎士団長殺し」メッタ斬り!』(河出書房新社)がある。
https://allreviews.jp/reviewer/13

【会場】

PASSAGE by ALL REVIEWS東京都千代田区神田神保町1-15-3サンサイド神保町ビル1F


【料金】

会場参加/オンライン配信参加:1,650円(税込)
※いずれもアーカイブ視聴可能
ALL REVIEWS 友の会(第5期:月額1,800円) 会員は無料
https://peatix.com/event/3420353/view


【配信での参加について】

・配信はYouTubeの限定URLにて行います
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です
・1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行う場合がございます
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます


■「ALL REVIEWS 友の会」について
右肩下がりと言われる出版業界を、「書評という切り口でどう盛り上げていけるか」を「考えて行動する」ALL REVIEWSのファンクラブ。
詳細はこちら(https://allreviews.jp/tomonokai)


  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ
関連ニュース
ページトップへ