対談・鼎談

キャサリン・ライアン・ハワード『遭難信号』(東京創元社)、ラグナル・ヨナソン『極夜の警官』(小学館)、ギョーム・ミュッソ『ブルックリンの少女』(集英社)

  • 2018/07/17

川出正樹と杉江松恋の翻訳メ~ン2018年6月号前編

翻訳ミステリーばっかり読んでいる書評家・川出正樹と杉江松恋が翻訳ミステリー大好きなあなたのために、お薦めの本をトークでご紹介します。今回はだいたい2018年6月刊行分ですが、ちょっと例外もあります。まずは前半をお聴きください。
※ALL REVIEWS事務局注:本記事はYouTube音声でのご紹介になります。



遭難信号 / キャサリン・ライアン・ハワード
遭難信号
  • 著者:キャサリン・ライアン・ハワード
  • 出版社:東京創元社
  • 装丁:文庫(522ページ)
  • 発売日:2018-06-29
  • ISBN:4488181074
内容紹介:
アイルランドの小さな町でハリウッドの脚本家を目指すアダム。恋人のサラが海外出張に出かけ、音信不通になってしまう。だが出発から数日後、彼女のパスポートが郵送されてくる。それには「ごめんなさい。S」とサラの字で書かれた付箋が貼ってあったが、封筒の文字は別人のものだった。彼女に何があったのか? アダムは恋人を追い、手がかりをもとに地中海クルーズ船に乗り込む。千以上もの客室を持つ豪華客船で暴かれる予想外の真実。巧みな構成力と謎解きの妙味を味わえる衝撃のサスペンス!

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

極夜の警官 / ラグナル ヨナソン
極夜の警官
  • 著者:ラグナル ヨナソン
  • 出版社:小学館
  • 装丁:文庫(317ページ)
  • 発売日:2018-07-06
  • ISBN:4094064230
内容紹介:
極北の警官「アリ=ソウル」シリーズ第2弾 アイスランド最北の小さな町・シグルフィヨルズル。1年のうち2か月は太陽が山に隠され、日が昇ることがない。その季節が間近となったある日、郊外の空き家で警察署長が銃撃され、瀕死の重傷を負った。アリ=ソウルはその日、当直の予定だったが、インフ… もっと読む
極北の警官「アリ=ソウル」シリーズ第2弾 アイスランド最北の小さな町・シグルフィヨルズル。1年のうち2か月は太陽が山に隠され、日が昇ることがない。その季節が間近となったある日、郊外の空き家で警察署長が銃撃され、瀕死の重傷を負った。アリ=ソウルはその日、当直の予定だったが、インフルエンザで休んでいた。撃たれた署長にいくばくかの負い目を感じながら、アリ=ソウルは捜査を始める。やがて、事件にドラッグと政治家が絡んでいる可能性が見えてきた。市長や副市長への聞き込みを進めるが、そのことがマスコミに漏れ、さらなる悲劇を招く。一方、事件現場となった空き家には、50年以上前から忌わしい歴史があったことが明らかになるのだが。極夜の町に連綿と続く負の連鎖――アリ=ソウルは事件を解決できるのか。世界14カ国で翻訳、英国ではドラマ化が進むベストセラー「警官アリ=ソウル」シリーズ第2弾、満を持しての登場!解説は杉江松恋さん。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ブルックリンの少女 / ギョーム ミュッソ
ブルックリンの少女
  • 著者:ギョーム ミュッソ
  • 出版社:集英社
  • 装丁:文庫(479ページ)
  • 発売日:2018-06-21
  • ISBN:4087607518
内容紹介:
失踪した恋人アンナの行方を追うラファエル。元刑事マルクと調査を進めると、過去の連続少女拉致監禁事件や不審な死亡事故に突き当たり……。仏No.1ベストセラー作家が贈る、息もつかせぬサスペンス長編。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

関連記事
ページトップへ