書評

『魂萌え!〔上〕』(新潮社)

  • 2020/07/04
魂萌え!〔上〕 / 桐野 夏生
魂萌え!〔上〕
  • 著者:桐野 夏生
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:文庫(335ページ)
  • 発売日:2006-11-28
  • ISBN-10:4101306338
  • ISBN-13:978-4101306339
内容紹介:
夫が突然、逝ってしまった。残された妻、敏子は59歳。まだ老いてはいないと思う。だが、この先、身体も精神も衰えていく不安を、いったいどうしたらいい。しかも、真面目だった亡夫に愛人だなんて。成人した息子と娘は遺産相続で勝手を言って相談もできない。「平凡な主婦」が直面せざるを得なくなったリアルな現実。もう「妻」でも「母」でもない彼女に、未知なる第二の人生の幕が開く。第5回婦人公論文芸賞受賞。
これまで冒険といえば、世間知&経験値ゼロの少年少女か、お姫様を救出せんと竜の棲む洞窟に挑む若き騎士か、世界の平和を守るために戦うマッチョなソルジャーなんかがするものでした。で、女、とくに中年以降の女は家で勇者の帰りを待ってろ、そんな扱いだったわけです。ところが! 年齢も違えば、立場も違うさまざまな女性の心の奥深くにひそむ欲望や悪意や真意を、時に優しく、時に厳しい筆致で深く描いてきた桐野夏生の新作で冒険するのは、五十九歳の主婦なんであります。

ある日、趣味で習っている蕎麦打ち教室から帰った夫の隆之が心臓発作で急死。呆然とするばかりだった専業主婦の敏子が、世間というこれまであまり縁のなかった広い海に出て、見たくないものを見たり、知りたくなかったことを知ったり、そのことで傷ついたり、怒ったり、自信喪失したりしながらも、新しい自分を発見し、生きる力を充実させていく過程を描いた、これは立派な冒険小説なのです。

アメリカに行きっぱなしで、結婚した時も子供ができた時も報告にさえこなかったくせに、財産分与を迫る長男。母親の味方ではあるけれど、今つきあっている彼氏との将来を考えるのでいっぱいいっぱいだから、つい自分優先の発言をしてしまう長女。我が子の身勝手さにショックを受ける敏子に追い打ちをかけるかのように、石部金吉かと思っていた隆之に十年もの長きにわたってつきあっている愛人がいたことが判明します。やってらんないとばかりに、敏子はプチ家出を試みて、カプセルホテルに逗留(とうりゅう)するのですが――。

これが冒険の第一ステージ。「若い人から見たら、老人と思うでしょうけど、案外気持ちは若いし、体力もある。中途半端な時期」に夫に先立たれた敏子は、以降、蕎麦打ち教室の先生や仲間の知遇を得たり、不倫を体験したり、夫の愛人と直接対決を果たしたり、仲はよかったもののこれまで本音を言い合ったことのない高校時代からの旧友との関係性を変化させるなど、いろんな冒険に挑み、失敗したり、悩んだり、怯えたりと、たくさんの感情に翻弄されながら成長を遂げていくのです。

自分が産んで育て、愛おしくて堪らない存在だった子供たちの心が、いつしか自分に寄り添わなくなったと感じられて久しい。家事育児に専念してきた自分の時間とは何だったのだろう。良い母親だったはずの自分が、成長した子供たちに顧みられなくなっていく。夫も、貞淑な妻の自分を裏切っていた。これからは、母でも妻でもない時間を一人でたっぷりと生きなくてはならないのだ。どうすればいい。

敏子が抱く当惑を、同じように抱えている五十代の女性は多いのではないでしょうか。夫を亡くした当初の敏子同様、容赦なく現実を突きつけてくる世間を前に怯え、足をすくませている主婦は大勢いるのではないでしょうか。良くも悪しくも、他人から注目を浴びるような事件は起こらないし、絶讃されるような偉業をうち立てることもない。初老の主婦の日常に横たわっているのは、おそらく、気がつけば時間が解決していたという程度の戸惑いや悩みなのでしょう。でも、そんな端から見ればささやかで取るに足らない悩みでも、本人にとっては重大事なのです。立ち向かおうと決意した彼女にとって、それはゴールも正しい道もわからないままはじめる大冒険なのです。桐野夏生は、そんな大勢の彼女たちに、この小説を通じて力強いエールを送っているのです。

五十九歳の敏子と共に生きる。冒険する。そして「失うものがあれば、必ず得るものもある。失うものが大きければ大きいほど、もっと貪欲に得ようとしなければならないのだろうか。これからは、今までしたことのない経験を沢山しよう。すると、体がぶるっと震えた。欲張りな願いには付いていけそうもない、と体の方が怯んだようにも思えた」という敏子に共感するように、この小説を読んできたあなたの体もぶるっと震える。魂が萌えいづる予感にぶるっと震える。これは、そんなリアルな体感を伴う、主婦の主婦による主婦のための小説なのです。

【下巻】
魂萌え!〔下〕 / 夏生, 桐野
魂萌え!〔下〕
  • 著者:夏生, 桐野
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:文庫(292ページ)
  • 発売日:2006-11-28
  • ISBN-10:4101306346
  • ISBN-13:978-4101306346

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

【単行本】
魂萌え ! / 桐野 夏生
魂萌え !
  • 著者:桐野 夏生
  • 出版社:毎日新聞社
  • 装丁:単行本(477ページ)
  • 発売日:2005-04-21
  • ISBN-10:4620106909
  • ISBN-13:978-4620106908
内容紹介:
夫の急死後、世間という荒波を漂流する主婦・敏子。六十歳を前にして、惑う心は何処へ?ささやかな"日常"の中に豊饒な世界を描き出した桐野夏生の新たな代表作。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。



【この書評が収録されている書籍】
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド / 豊崎 由美
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド
  • 著者:豊崎 由美
  • 出版社:アスペクト
  • 装丁:単行本(560ページ)
  • 発売日:2005-11-29
  • ISBN-10:4757211961
  • ISBN-13:978-4757211964
内容紹介:
闘う書評家&小説のメキキスト、トヨザキ社長、初の書評集!
純文学からエンタメ、前衛、ミステリ、SF、ファンタジーなどなど、1冊まるごと小説愛。怒濤の239作品! 560ページ!!
★某大作家先生が激怒した伝説の辛口書評を特別袋綴じ掲載 !!★

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

魂萌え!〔上〕 / 桐野 夏生
魂萌え!〔上〕
  • 著者:桐野 夏生
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:文庫(335ページ)
  • 発売日:2006-11-28
  • ISBN-10:4101306338
  • ISBN-13:978-4101306339
内容紹介:
夫が突然、逝ってしまった。残された妻、敏子は59歳。まだ老いてはいないと思う。だが、この先、身体も精神も衰えていく不安を、いったいどうしたらいい。しかも、真面目だった亡夫に愛人だなんて。成人した息子と娘は遺産相続で勝手を言って相談もできない。「平凡な主婦」が直面せざるを得なくなったリアルな現実。もう「妻」でも「母」でもない彼女に、未知なる第二の人生の幕が開く。第5回婦人公論文芸賞受賞。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

熊本日日新聞

熊本日日新聞 2005年6月19日

関連記事
豊崎 由美の書評/解説/選評
ページトップへ