書評

『I'm sorry, mama.』(集英社)

  • 2018/02/16
I'm sorry, mama. / 桐野 夏生
I'm sorry, mama.
  • 著者:桐野 夏生
  • 出版社:集英社
  • 装丁:文庫(262ページ)
  • 発売日:2007-11-01
  • ISBN:4087462307
内容紹介:
児童福祉施設の保育士だった美佐江が、自宅アパートで25歳年下の夫と焼死した。その背景に、女の姿が浮かび上がる。盗み、殺し、火をつける「アイ子」。彼女の目的は何なのか。繰り返される悪行の数々。次第に明らかにされる過去。救いようのない怒りと憎しみとにあふれた女は、どこからやって来たのか。邪悪で残酷な女の生を、痛快なまでに描き切った問題作。
今、女性性の中にひそむ”怪物”を描かせて、桐野夏生の右に並ぶ作家といえば笙野頼子くらいしか思いつかない。そのくらい傑出した存在なのだ。児童福祉施設で育ったアイ子を主人公にしたこの小説でも、『OUT』『柔らかな頬』『グロテスク』などの既作でお馴染みの、対象を突き放す透徹した視線をもって、女の怖ろしさ、気味の悪さ、図太さ、計算高さといった、目をそらしたい、自分の中に認めたくないと願っている負の要素を、これでもかと暴きたてるのである。

冒頭、アイ子登場のエピソードからして凄まじい。結婚二〇周年の食事に焼肉屋に出かける門田夫妻、という何てことのない始まりの光景に気を許してはいけない。この夫婦、なんと二五歳も年が離れているのだ。出会いは妻・美佐子が働いていた児童福祉施設。夫・稔はその園生だったのである。おまけにこの夫婦、何だか少し様子がおかしい。稔の美佐子への甘えようが尋常ではないのだ。まさに母子プレイ。このいびつなカップルが焼肉屋で、お運びの仕事をしているかつて園生だったアイ子に再会するところから、物語は走り出す。盗みはおろか殺人すら辞さない壊れた女を狂言回しに、門田夫妻に負けず劣らず奇妙な人物が多々登場。障害物を蹴散らしながら疾走するアイ子に、読者が連れていかれる先、そこで見せられる光景とは――。読んで瞠目、終わって呆然。かなりの衝撃を受けること請け合いなのだ。

ところで、この小説にはかつての桐野作品にはあまり見かけることのなかった特徴がある。それは笑い。かなり陰惨で救いのないエピソードがてんこ盛りにもかかわらず、巨漢の女偉丈夫・アイ子をはじめとする登場人物のキャラクターや言動がおかしくてたまらない。怖い、なのに爆笑。笑いながら鳥肌が立つ。相反する感情に引き裂かれながら、アイ子が次にしでかす悪行が知りたくてページを繰る手が止まらない。桐野夏生にこれほど捻(ねじ)れたユーモアセンスがあったとは! これまで桐野作品を「重くて」と敬遠していた方にも強力推薦したい、新境地を示す奇妙な味のピカレスクロマンなのだ。

【この書評が収録されている書籍】
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド / 豊崎 由美
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド
  • 著者:豊崎 由美
  • 出版社:アスペクト
  • 装丁:単行本(560ページ)
  • 発売日:2005-11-29
  • ISBN:4757211961
内容紹介:
闘う書評家&小説のメキキスト、トヨザキ社長、初の書評集!純文学からエンタメ、前衛、ミステリ、SF、ファンタジーなどなど、1冊まるごと小説愛。怒濤の239作品! 560ページ!!★某大作家先生が激怒した伝説の辛口書評を特別袋綴じ掲載 !!★

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

I'm sorry, mama. / 桐野 夏生
I'm sorry, mama.
  • 著者:桐野 夏生
  • 出版社:集英社
  • 装丁:文庫(262ページ)
  • 発売日:2007-11-01
  • ISBN:4087462307
内容紹介:
児童福祉施設の保育士だった美佐江が、自宅アパートで25歳年下の夫と焼死した。その背景に、女の姿が浮かび上がる。盗み、殺し、火をつける「アイ子」。彼女の目的は何なのか。繰り返される悪行の数々。次第に明らかにされる過去。救いようのない怒りと憎しみとにあふれた女は、どこからやって来たのか。邪悪で残酷な女の生を、痛快なまでに描き切った問題作。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

レタスクラブ

レタスクラブ 2005年3月10日

関連記事
豊崎 由美の書評/解説/選評
ページトップへ