逢坂剛

逢坂剛GOU OUSAKA

1943(昭和18)年、東京生れ。中央大学法学部卒。1966年博報堂に入社。1980年「暗殺者グラナダに死す」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。1987年『カディスの赤い星』で直木賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。1997(平成9)年6月に博報堂を退職、作家業に専念する。他に『百舌シリーズ』『イベリア・シリーズ』『長谷川平蔵シリーズ』『近藤重蔵シリーズ』等多数の作品がある。〈プロフィール写真撮影:白鳥真太郎〉


逢坂剛の書評/解説/選評
逢坂剛の読書日記/コラム/対談・鼎談
ページトップへ