コラム

スペインを読む『フラメンコ狂日記』ほか

  • 2017/11/06
月並みな表現になるが、まさに雨後のたけのこのような勢いで、ここ一、二年の間に数多くのスペイン本が出版された(事務局注:初出1992年5月3日)。単行本、観光案内書、ムック、さらに雑誌の特集のたぐいまで入れると、ゆうに百冊を超える。その中から、最近興味深く読んだものを選んで、何冊か紹介してみたい。



まずスペイン全体を取り上げた本から。

手ごろな入門書として、イベロアメリカ文化史の専門家、増田義郎が監修した『スペイン』(新潮社)と、浜田滋郎らスペイン通の複数執筆者による『現代のスペイン』(角川書店)の二冊があげられる。どちらも分担執筆のため、少々まとまりに欠けるきらいはあるが、スペイン全般にわたる情報が、まんべんなく盛り込まれている。ともに細かい索引つきなので、事典的な使い方もできる。

スペイン (読んで旅する世界の歴史と文化) /
スペイン (読んで旅する世界の歴史と文化)
  • 著者:
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(363ページ)
  • ISBN:4106018314

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。


現代のスペイン―眠りを覚ましたドン・キホーテの国 /
現代のスペイン―眠りを覚ましたドン・キホーテの国
  • 著者:
  • 出版社:角川書店
  • 装丁:単行本(524ページ)
  • ISBN:4048340123

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。



事典といえば、中丸明の『スペインを読む事典』(宝島社)がおもしろい。これはスペインびいき、というよりスペインぐるいの著者による、《スペインなんでも事典》である。ここには著者の、多年にわたるスペイン研究の成果がぎっしりと詰まっており、その分量と密度に圧倒される。

スペインを読む事典 / 中丸 明
スペインを読む事典
  • 著者:中丸 明
  • 出版社:JICC出版局
  • 装丁:単行本(386ページ)
  • ISBN:4796602542

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。



野々山真輝帆の『スペイン辛口案内』(晶文社)は、女性の立場から書かれたルポルタージュで、類書にないユニークな視点をもっている。ことに女性問題、高齢者問題に対する切り込みは、現代スペインを考えるうえで貴重な情報を含む。

スペイン辛口案内 / 野々山 真輝帆
スペイン辛口案内
  • 著者:野々山 真輝帆
  • 出版社:晶文社
  • 装丁:単行本(294ページ)
  • ISBN:4794960360

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。



元スペイン駐在の銀行マン、中西省三の『スペインの素顔』(山手書房新社)は、生活体験に根差したスペイン観察が興味深い。また高士宗明、ヘスス・ラカラ共著の『とっておきのスペイン』には、よほどのスペイン通でも知らないような、小さな町がたくさん出てくる。
スペインの素顔 / 中西 省三
スペインの素顔
  • 著者:中西 省三
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(245ページ)
  • ISBN:4309007368

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。


とっておきのスペイン―小さな町の魅力を求めて / 高士 宗明,ヘスス ラカラ
とっておきのスペイン―小さな町の魅力を求めて
  • 著者:高士 宗明,ヘスス ラカラ
  • 出版社:山手書房新社
  • 装丁:単行本(272ページ)
  • ISBN:4841300325

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。





つぎに、オリンピックを目前に控えた、バルセロナに関する本。

森枝雄司の『ガウディになれなかった男』(徳間書店)は、ガウディの陰に隠れたカタルーニャ・モデルニスモの建築家、リュイス・ドメネクに光を当てた、刺激的な本である。

ガウディになれなかった男―歿後、不遇の天才に屈したバルセロナ建築界のドン / 森枝 雄司
ガウディになれなかった男―歿後、不遇の天才に屈したバルセロナ建築界のドン
  • 著者:森枝 雄司
  • 出版社:徳間書店
  • 装丁:単行本(228ページ)
  • ISBN:4195543290

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。



また岡村多佳夫の『バルセロナ』(講談社現代新書)は、この町を巡る多彩な芸術、文化活動を紹介した好著で、これら二冊を読めば歴史的、政治的な特質も含めて、バルセロナという町がよく理解できる。
バルセロナをより多面的、総合的にとらえた本としては、神吉敬三の『バルセローナ』(文藝春秋)がある。著者はスペイン美術史、文化史の専門家であるが、現代史の側面もきちんとおさえており、バルセロナを紹介する本としては、もっともバランスの取れたものの一つといえよう。

バルセロナ―自由の風が吹く街 (講談社現代新書) / 岡村 多佳夫
バルセロナ―自由の風が吹く街 (講談社現代新書)
  • 著者:岡村 多佳夫
  • 出版社:講談社
  • 装丁:新書(220ページ)
  • ISBN:4061490672

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。


バルセローナ (世界の都市の物語) / 神吉 敬三
バルセローナ (世界の都市の物語)
  • 著者:神吉 敬三
  • 出版社:文藝春秋
  • 装丁:単行本(356ページ)
  • ISBN:4165095508

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。



最新のバルセロナ情報を知りたい向きには、伊藤千尋の『バルセロナ賛歌』(朝日新聞社)をおすすめしたい。著者は、昨年開設された朝日新聞バルセロナ支局の支局長で、本紙面にもしばしば署名原稿を寄せている。ジャーナリストの目から見たバルセロナには、一味違った新鮮な魅力があり、オリンピックを控えたこの町の鼓動が、生なましく伝わってくる。

バルセロナ賛歌 / 伊藤 千尋
バルセロナ賛歌
  • 著者:伊藤 千尋
  • 出版社:朝日新聞
  • 装丁:単行本(287ページ)
  • ISBN:4022564547

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。



バルセロナ在住の建築家、丹下敏明の『わが街バルセローナ』(TOTO出版)は、建築と美術を中心にした本ではあるが、グルメ情報やショッピング、ナイトライフ情報まで盛り込まれており、ガイドブックとしても役に立つ。

こだわりガイド わが街バルセローナ / 丹下 敏明
こだわりガイド わが街バルセローナ
  • 著者:丹下 敏明
  • 出版社:TOTO出版
  • 装丁:単行本(260ページ)
  • ISBN:4887060343

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。





かわって内戦、現代史を扱ったものを、二冊紹介する。

バーネット・ボロテンの『スペイン革命-全歴史』(晶文社)は、スペイン内戦の研究者にとってバイブルともいうべき、古典的な名著である。翻訳が出るのが遅すぎたほどで、昨今の東欧、ソ連の激変はこの本によって予言されていた、といってもよい。ともかくこの翻訳によって、わが国におけるスペイン内戦研究が、飛躍的に進むことは間違いない。若松隆の『スペイン現代史』(岩波新書)は、内戦前後からフランコ体制下、そしてフランコ以後のスペインの状況を手際よく描いた、気鋭の学者による概説書である。岩波書店が初めて出版した、スペイン現代史の本という点にも、注目したい。

スペイン革命 全歴史 / バーネット ボロテン
スペイン革命 全歴史
  • 著者:バーネット ボロテン
  • 出版社:晶文社
  • 装丁:単行本(685ページ)
  • ISBN:4794960271

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。


スペイン現代史 (岩波新書) / 若松 隆
スペイン現代史 (岩波新書)
  • 著者:若松 隆
  • 出版社:岩波書店
  • 装丁:新書(244ページ)
  • 発売日:1992-03-19
  • ISBN:400430217X

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。





最後に、ユニークな随筆を一つ。マドリード在住の画家、堀越千秋の『フラメンコ狂日記』(主婦の友社)は、著者のフラメンコ生活(!)を描いた破天荒な本である。リズム感に満ちたシニカルな文章は、フラメンコを知らない人も、十分楽しめるはずだ。

アンダルシアは眠らない―フラメンコ狂日記 (集英社文庫) / 堀越 千秋
アンダルシアは眠らない―フラメンコ狂日記 (集英社文庫)
  • 著者:堀越 千秋
  • 出版社:集英社
  • 装丁:文庫(316ページ)
  • 発売日:1999-01-01
  • ISBN:4087470059

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。



ところで、このスペインブームは、セビリャ万博の終了をもって、静かに去るだろう。したがって、ここに挙げた本くらいは、絶版にならぬうちに購入しておくよう、おすすめするしだいである。

【このコラムが収録されている書籍】
書物の旅 (講談社文庫) / 逢坂 剛
書物の旅 (講談社文庫)
  • 著者:逢坂 剛
  • 出版社:講談社
  • 装丁:文庫(355ページ)
  • ISBN:4062639815

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 1992年5月3日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連読書日記/コラム/対談・鼎談
ページトップへ