書評

『微笑む人』(実業之日本社)

  • 2017/07/01
微笑む人 / 貫井 徳郎
微笑む人
  • 著者:貫井 徳郎
  • 出版社:実業之日本社
  • 装丁:単行本(288ページ)
  • 発売日:2012-08-18
  • ISBN-10:4408536075
  • ISBN-13:978-4408536071
内容紹介:
事件はすべてのはじまりにすぎなかった。エリート銀行員はなぜ妻子を殺したか。

不可解な殺人動機と心の闇

エリート銀行員の仁藤俊実は、妻子を水難事故に見せかけて殺害した容疑で、逮捕される。仁藤は、最終的に容疑を認め、その動機を「本が増えて家が手狭になったから」と主張する。通常ではありえない動機に、警察は真実を語らせようと追及するが、仁藤は頑固に供述を変えない。

物語は、事件に興味を持った小説家が、勤務先の同僚や知り合いの女性、学生時代の友人らを歴訪し、仁藤の隠された人間像をあぶり出していく手法で、進められる。仁藤は、だれもが認める模範的な銀行員だが、なぜか過去にその身辺で何件か、不審な未解決事件が発生している。果たして彼は正義の味方なのか、それとも異常犯罪者なのか。この小説には、いわゆるミステリー的な解決がない。人はだれも、不可解なものに無理やり理屈をつけ、納得しようとする。それが真実かどうかは、だれにも分からない。

著者はむしろ、そうした人の心の闇に目を向けよ、と訴えかけているようだ。
微笑む人 / 貫井 徳郎
微笑む人
  • 著者:貫井 徳郎
  • 出版社:実業之日本社
  • 装丁:単行本(288ページ)
  • 発売日:2012-08-18
  • ISBN-10:4408536075
  • ISBN-13:978-4408536071
内容紹介:
事件はすべてのはじまりにすぎなかった。エリート銀行員はなぜ妻子を殺したか。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2012年11月4日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
逢坂 剛の書評/解説/選評
ページトップへ