書評

『現代中国法入門』(有斐閣)

  • 2017/10/22
現代中国法入門 第7版  / 高見澤 磨,鈴木 賢,宇田川 幸則
現代中国法入門 第7版
  • 著者:高見澤 磨,鈴木 賢,宇田川 幸則
  • 出版社:有斐閣
  • 装丁:単行本(434ページ)
  • 発売日:2016-03-30
  • ISBN:4641048177
内容紹介:
法を切り口に中国社会を見る。世界第2の経済大国となった一方で、そのひずみが引き起こした社会問題の対処に追われる中国の最新の立法状況を正確に描いた、概説入門書。書き下ろしを含む、大幅改訂。
人治の国家とよくいわれている。はたして中国には法律があるのか。もしあるとすれば、どのような法律があるか。そもそも中国の法律概念はどのようなものなのか、本書はそれらの疑問に答えるべく、現代中国法の歴史、現代法の概要および法学教育という三つの角度から中国の法体系について紹介した。

中国では一九七九年にはじめて刑法が制定され、一九八〇年代に入るまで物権法、債権法や相続法など民事財産関係の法律はほぼ空白のままであった、商法も一九九三年十二月に会社法が採択されてから、はじめて登場した。三十年以上ものあいだに法律らしい法律といえば憲法、婚姻法、土地改革法と労働組合法しかなかった。それ以外はすべて共産党の文書に頼らざるをえなかった。

入門書であるため、専門外の人にもわかりやすく書かれている。中国の法律を知る上でもむろん役に立つが、法律が制定される過程、紛争の調停慣習などはむしろ現代中国文化を知るカギになるかもしれない。

【この書評が収録されている書籍】
本に寄り添う Cho Kyo's Book Reviews 1998-2010 / 張 競
本に寄り添う Cho Kyo's Book Reviews 1998-2010
  • 著者:張 競
  • 出版社:ピラールプレス
  • 装丁:単行本(408ページ)
  • 発売日:2011-05-28
  • ISBN:4861940249
内容紹介:
読み巧者の中国人比較文学者が、13年の間に書いた書評を集大成。中国関係の本はもとより、さまざまな分野の本を紹介・批評した、世界をもっと広げるための"知"の読書案内。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

現代中国法入門 第7版  / 高見澤 磨,鈴木 賢,宇田川 幸則
現代中国法入門 第7版
  • 著者:高見澤 磨,鈴木 賢,宇田川 幸則
  • 出版社:有斐閣
  • 装丁:単行本(434ページ)
  • 発売日:2016-03-30
  • ISBN:4641048177
内容紹介:
法を切り口に中国社会を見る。世界第2の経済大国となった一方で、そのひずみが引き起こした社会問題の対処に追われる中国の最新の立法状況を正確に描いた、概説入門書。書き下ろしを含む、大幅改訂。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

毎日新聞

毎日新聞 1999年3月28日

毎日新聞のニュース・情報サイト。事件や話題、経済や政治のニュース、スポーツや芸能、映画などのエンターテインメントの最新ニュースを掲載しています。

関連記事
張 競の書評/解説/選評
ページトップへ