選評

『できればムカつかずに生きたい』(新潮社)

  • 2018/05/14
できればムカつかずに生きたい / 田口 ランディ
できればムカつかずに生きたい
  • 著者:田口 ランディ
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:文庫(318ページ)
  • 発売日:2004-02-28
  • ISBN:4101412316
内容紹介:
どうしたら自分らしく強く生きられるんだろう。14歳の頃からずっと、なんだかうまく生きられないなあ、と思って悩んできた。なんか自分としっくりこないなあ、どうやったら自分がやりたいことにまっすぐ突き進めるのかな。傷つきやすい思春期に体験し考えたことは、いまも現在進行形のままだ―生きにくいこの時代を生き抜くために、自分の頭で考えたヘヴィでリアルな「私」の意見。

雄々しく冷静なヒロイン

田口ランディさんの『できればムカつかずに生きたい』を読んでいると、人問の心の深淵という宇宙船の中で、得体の知れないエイリアンに一人敢然と立ち向かうシガニー・ウィーバーを連想しました。雄々しいという言葉がむしろふさわしいヒロインが、考えうるあらゆる手段を使って、姿の見えない敵と戦っているといった印象です。しかも、そのヒロインは、自分のヒロイズム(ヒロインニズム?)に決して酔うことなく、冷静に戦いのあとを見据えているのですからたいしたものです。インターネットという新しいメディアでまず世に問われた文章ということですが、たしかに、ネットだけを唯一の心の支えとする宇宙船「人間号」の乗組員が、どこからともなく迫りくるエイリアンに脅えて、ランディさんのメッセージに救いを求めたという気持ちがよくわかるような気がしました。

第一回婦人公論文芸賞にふさわしい受賞作を出すことができて幸いです。
できればムカつかずに生きたい / 田口 ランディ
できればムカつかずに生きたい
  • 著者:田口 ランディ
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:文庫(318ページ)
  • 発売日:2004-02-28
  • ISBN:4101412316
内容紹介:
どうしたら自分らしく強く生きられるんだろう。14歳の頃からずっと、なんだかうまく生きられないなあ、と思って悩んできた。なんか自分としっくりこないなあ、どうやったら自分がやりたいことにまっすぐ突き進めるのかな。傷つきやすい思春期に体験し考えたことは、いまも現在進行形のままだ―生きにくいこの時代を生き抜くために、自分の頭で考えたヘヴィでリアルな「私」の意見。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

婦人公論

婦人公論 2001年10月22日

関連記事
鹿島 茂の書評/解説/選評
ページトップへ