自著解説

『まく子』(福音館書店)

  • 2019/04/15
まく子 / 西 加奈子
まく子
  • 著者:西 加奈子
  • 出版社:福音館書店
  • 装丁:単行本(256ページ)
  • 発売日:2019-02-12
  • ISBN:4834084434
内容紹介:
その少女には、とてつもなく大きな秘密があった。西加奈子、直木賞受賞後初の書き下ろし。誰しもに訪れる「奇跡」の物語。
小さな温泉街を舞台に、大人と子どものはざまで揺れる少年を描いた物語『まく子』。2019年3月に映画化された本作について、作者の西加奈子さんは、「大人になりたくない子どもたち、そして大人になりたくなかったかつての子どもたち」に読んでほしいと語ります。そんな西さんが『まく子』刊行時に寄せてくださったエッセイです。

「大人」になっても

はじめから、子供のことを書きたかった。

福音館で書く、ということはもちろんものすごく大きかったけれど、兄や友人たちに次々子供ができ、育ち、という状態をここ最近ずっと見ていたことも影響していた。

「子供って、ちょっと見ない間にすぐ大きくなるよなぁ。」

幼い頃どこかで会った「大人たち」がそう言っていたけれど、私にとっては「うるせー」という感じ、いつ会っても「大きくなったねぇ」「私も年を取るはずだわ」的なことばかり言われて、何も面白くなかった。もちろん数十年後、自分が同じことを言う「大人」になり果てるなんて、そのときは思いもしなかった。でも本当に「子供って、ちょっと見ない間にすぐ大きく」なるのだ!

すぐ大きくなるその体に、精神に、私はどう折り合いをつけていたのだろう。

ふと考え始めると、たちまち苦しくなった。だって全然折り合いなんてつけられていなかったことを、すぐに思い出したから。「大きくなる」体も、「広くなる」視野も、私はこわかった。ずっとこわかった。でもその「こわさ」に蓋をして、「こわさ」なんてなかったふりをして、涼しい顔でいつの間にかここまで来ました、みたいな態度でいる。私は、私が蓋をしてきたことを書きたかった。それが私の仕事だ、そう思った。

慧くん、という主人公はすぐに現れてくれた。女の子ではなかった。男の子のからだの変化を、それを恐れる気持ちを書きたかった。女の子の方がいつだって「大人びて」いて、男の子はきっとそれが怖かっただろうし、少し寂しかっただろうと思うのだ(女の子がこわがっていることを、彼らはきっと知ることもなかっただろう。そういうことはいつだって、後から知るのだ)。

どうして君たちの体が「大きく」なるのか、「大人」にならないといけないのか、慧くんに向けて書こうと思った。でも書いてゆくうち、私は、これを慧くんのような「子どもたち」に向けて書いていない、ということに気づいた。

相手は結局自分だった。私は未だにこわがっているのだった。

「大人」と呼ばれる範疇にいながら、私は全然「大人」であることに折り合いをつけられていない。初対面の人になめらかに自己紹介をし、久しぶりに会った人に天気の話をし、水道やガス料金をきちんと払い、あまつさえ車を運転していても、それでも私は自分の体が変わってゆくことが、そしてその先がこわいのだ。

私って、なんで生きてるの?

それに気づいてからは、大幅な改稿をした。無理して「道理の分かった大人」ぶるのではなく、慧くんと一緒にこわがろう、と思った。正直であろう、と。慧くんはずっと一緒にいてくれた(ありがとう、慧くん!)。

だからこの作品は恥ずかしいくらい正直な、剥き出しの作品になった。情けないけれど、「分かってほしい」という気持ちはない。作家としてだめだなあ。でも、私は私に、もっともっと正直になることが出来た。

[書き手]西加奈子(にし・かなこ)
1977年テヘラン生まれ。2004年『あおい』でデビュー。2007年『通天閣』で第24回織田作之助賞、13年『ふくわらい』で第1回河合隼雄物語賞、15年『サラバ!』で第152回直木賞受賞。
オフィシャルウェブサイトはこちら
まく子 / 西 加奈子
まく子
  • 著者:西 加奈子
  • 出版社:福音館書店
  • 装丁:単行本(256ページ)
  • 発売日:2019-02-12
  • ISBN:4834084434
内容紹介:
その少女には、とてつもなく大きな秘密があった。西加奈子、直木賞受賞後初の書き下ろし。誰しもに訪れる「奇跡」の物語。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

ふくふく本棚

ふくふく本棚 2019年4月8日

「ふくふく本棚」は、絵本・童話にまつわる記事を発信する、福音館書店の公式Webマガジンです。本の紹介や著者へのインタビューなど、絵本・童話のある生活がもっと充実するような情報をお届けしていきます。

関連記事
福音館書店の書評/解説/選評
ページトップへ