前書き

『会社を辞めずに収入を月50万円増やす! 小さく始めて成功させる「自分ビジネス」』(集英社)

  • 2019/07/05
会社を辞めずに収入を月50万円増やす! 小さく始めて成功させる「自分ビジネス」 / 船ヶ山 哲
会社を辞めずに収入を月50万円増やす! 小さく始めて成功させる「自分ビジネス」
  • 著者:船ヶ山 哲
  • 出版社:集英社
  • 装丁:単行本(192ページ)
  • 発売日:2019-07-05
  • ISBN:4087861155
内容紹介:
◆これまでの経験や趣味など、身近な所にビジネスの種は眠っている。今の会社を辞めずに始められ、毎月50万円の副収入を得るには?◆「肩書は1円の価値にもならない」「最初から共同経営はするな」「コンセプト8割既存、2割新規」等、世界中にクライアントを抱えるマーケティングコンサルタントが、立… もっと読む
◆これまでの経験や趣味など、身近な所にビジネスの種は眠っている。
今の会社を辞めずに始められ、毎月50万円の副収入を得るには?

◆「肩書は1円の価値にもならない」「最初から共同経営はするな」「コンセプト8割既存、2割新規」等、世界中にクライアントを抱えるマーケティングコンサルタントが、立ち上げから軌道に乗せるまでの秘訣を明かす。

◆「週末を利用して月50万円稼ぐ釣り好き」など、「自分ビジネス成功例」を多数紹介。

◆「自分にふさわしい仕事って一体?」そんな悩みを解決する、
巻末付録「自分に最適なビジネス発見シート」付き。

【はじめに】(抜粋)
これまでサラリーマンとして生きてきた人は、「自分でビジネスを持つことなど、本当にできるのか?」と疑問に感じるかもしれませんが、難しく感じる必要はありません。
なぜなら、あなたはすでに子供の頃にビジネスを体験し、そのことをすっかり忘れているにすぎないからです。
たとえば、小さい頃おじいさんやおばあさんの肩をたたき、お小遣いをもらった経験です。その金額が100円なのかそれとも500円なのかは、人によって違うかもしれませんが、肩たたきはまさに、相手が望む「価値」を提供し「対価」を受け取っている経験。これが、ビジネスの基本です。
このように考えれば、これから始めるビジネスを難しいと感じることはないはずです。

【目次】
第1章 会社を辞めずとも気軽にスタートできる「自分ビジネス」
第2章 今の会社と「自分ビジネス」の違いを知れ
第3章 失敗しない「自分ビジネス」の見つけ方
第4章「自分ビジネス」準備段階での注意と心得
第5章「自分ビジネス」を最速でスタートするには
第6章 爆発的売り上げをたたき出す「自分ビジネス」戦略
第7章 限られた時間をお金に変える「自分ビジネス」構築法

著者プロフィール:船ヶ山哲(ふながやま・てつ)
1976年、神奈川県出身。心理を活用したマーケティングを得意とし、人脈なし、コネなし実績なしの状態から起業後わずか5年で1000社以上のクライアントを獲得。その卓越したマーケティング手法は、数々の雑誌やメディアに取り上げられ、テレビ番組(テレビ神奈川)のメインキャスト、ラジオ番組(FM横浜)でもメインパーソナリティーとしても活躍中。プライベートでは子どもの教育を最優先に考え、海外在住。
著書に『武器としてのビジネススキル』『お金と自由をもたらす最速の稼ぎ方』『洞察のススメ』『超・起業思考』他。


定年後「ただ毎日を繰り返す人生」でOK?

あなたは、これまで会社のために働き、都度、成果を体感しながら年齢を重ねてきたので、頑張れば報われるという常識があったかもしれません。しかし、50歳以降は、生き方の二極化が顕著に現れてきます。

たとえば、役員に向けさらに飛躍していく人もいれば、役職定年の恐怖に怯え、減らされた給料をどのように補填すれば大切な家族を守ることができるのかと頭を抱えている人もいます。だからといって、今更、新しいことなどできないし、ましてや会社を辞めて起業するなんてことも考えられません。さすがに、50歳まで年齢を重ねてしまうと、急ハンドルを切り路線変更などできないのが、普通の人間です。しかし、会社の給料が今後減らされることはあっても、2倍、3倍と増えていくことなど、ありえません。

「打開策が何もないのか?」そんなことはありません。今の会社を辞めずとも、そして近所にある安い時給のアルバイトの面接に行かずとも、今の給料にプラス50万円の収入を上乗せし、家族を守り幸せを感じる方法はあります。しかも、貴重で忙しい人生の時間を減らすことなく、むしろ、自由な時間を増やした形で収入を上げていくこともできます。

このように言うと、「流行りの仮想通貨ですか?」と思う人もいるでしょうが、そうではありません。
あなたの過去にはない「知らない儲け話」に手を出せば、大火傷します。だから、多くの人は儲けるどころか破滅の道を辿るわけですが、家族を守る立場のあなたに、そんな危険な冒険をさせるわけにはいきません。かといって、50代を迎えたあなたが近所のコンビニで深夜のアルバイトなどカッコ悪くてできません。ということは、怪しげな投資話でも深夜に労働を切り売りする安いバイトでもないわけです。では、どのようにしてプラスアルファーの50万円を手にしていくのか?

それは、「自分ビジネス」を持つということです。
これまで、サラリーマンとして生きてきた人は、「自分でビジネスを持つことなど、本当にできるのか?」と疑問に感じるかもしれませんが、難しく感じる必要はありません。なぜなら、あなたはすでに子供の頃にビジネスを体験し、そのことをすっかり忘れてるにすぎないからです。
その証拠に、こんな経験はありませんか?
たとえば、小さい頃おじいさんやおばあさんの肩をたたき、お小遣いをもらった経験です。その金額が100円なのかそれとも500円なのかは、人によって違うかもしれませんが、肩たたきはまさに、相手が望む「価値」を提ふ供し「対価」を受け取っている経験。これが、ビジネスの基本です。
しかし、ビジネスとなると難しく考えてしまう人も多く、稼ぐことができなくなるわけですが、ビジネスとは本来、非常にシンプルなものです。
相手が必要としている「価値」を提供し、その「対価」を受け取るのが、ビジネスです。
最初はその対価が「ありがとう」という言葉かもしれません。しかし、提供する価値が少し大きくなれば、その「ありがとう」が缶コーヒーに姿を変え、ランチ代に変わります。そして、提供した価値が、缶コーヒーやランチ代ですまないようになれば、対価としてお金がもらえるようになります。
そんな感覚です。
今の生活に50万円が追加されるというだけで生活は一変し、残りの人生の時間を楽しく生きることができますし、これまで苦労をかけ我慢させてきた家族に恩返しすることもできます。そのためには、定年までジッと我慢する生き方を選択するのではなく、限りある残された人生の時間をどのように使い未来に投資していくのかということが大切です。
とはいえ、若い時と違って、肉体的・精神的にも無理がきかないこともあります。ここで大切なことは、大冒険せずに確実に未来を輝かせることです。その小さな半歩が、あなたの未来に分岐点を与え、輝かしいシニアライフを用意してくれます。
50歳という年齢は、諦めの年齢ではありません。第二の人生に向かうための挑戦の時期でもあります。第二の人生を輝かせるためにも、今という時間を吟味しながら大切に使ってください。時間は、有限です。どんなに元気な人であっても寿命は必ずやってきます。テロメアで寿命を延ばしたところで不老長寿になることなどできません。限りある人生の中で、後悔を残す人生を生きるか。それとも、最期の瞬間にやり切ったと堂々と言える人生を過ごすのかは、これからのあなたの生き方で決まります。

[書き手]船ヶ山哲(マーケティングコンサルタント)
会社を辞めずに収入を月50万円増やす! 小さく始めて成功させる「自分ビジネス」 / 船ヶ山 哲
会社を辞めずに収入を月50万円増やす! 小さく始めて成功させる「自分ビジネス」
  • 著者:船ヶ山 哲
  • 出版社:集英社
  • 装丁:単行本(192ページ)
  • 発売日:2019-07-05
  • ISBN:4087861155
内容紹介:
◆これまでの経験や趣味など、身近な所にビジネスの種は眠っている。今の会社を辞めずに始められ、毎月50万円の副収入を得るには?◆「肩書は1円の価値にもならない」「最初から共同経営はするな」「コンセプト8割既存、2割新規」等、世界中にクライアントを抱えるマーケティングコンサルタントが、立… もっと読む
◆これまでの経験や趣味など、身近な所にビジネスの種は眠っている。
今の会社を辞めずに始められ、毎月50万円の副収入を得るには?

◆「肩書は1円の価値にもならない」「最初から共同経営はするな」「コンセプト8割既存、2割新規」等、世界中にクライアントを抱えるマーケティングコンサルタントが、立ち上げから軌道に乗せるまでの秘訣を明かす。

◆「週末を利用して月50万円稼ぐ釣り好き」など、「自分ビジネス成功例」を多数紹介。

◆「自分にふさわしい仕事って一体?」そんな悩みを解決する、
巻末付録「自分に最適なビジネス発見シート」付き。

【はじめに】(抜粋)
これまでサラリーマンとして生きてきた人は、「自分でビジネスを持つことなど、本当にできるのか?」と疑問に感じるかもしれませんが、難しく感じる必要はありません。
なぜなら、あなたはすでに子供の頃にビジネスを体験し、そのことをすっかり忘れているにすぎないからです。
たとえば、小さい頃おじいさんやおばあさんの肩をたたき、お小遣いをもらった経験です。その金額が100円なのかそれとも500円なのかは、人によって違うかもしれませんが、肩たたきはまさに、相手が望む「価値」を提供し「対価」を受け取っている経験。これが、ビジネスの基本です。
このように考えれば、これから始めるビジネスを難しいと感じることはないはずです。

【目次】
第1章 会社を辞めずとも気軽にスタートできる「自分ビジネス」
第2章 今の会社と「自分ビジネス」の違いを知れ
第3章 失敗しない「自分ビジネス」の見つけ方
第4章「自分ビジネス」準備段階での注意と心得
第5章「自分ビジネス」を最速でスタートするには
第6章 爆発的売り上げをたたき出す「自分ビジネス」戦略
第7章 限られた時間をお金に変える「自分ビジネス」構築法

著者プロフィール:船ヶ山哲(ふながやま・てつ)
1976年、神奈川県出身。心理を活用したマーケティングを得意とし、人脈なし、コネなし実績なしの状態から起業後わずか5年で1000社以上のクライアントを獲得。その卓越したマーケティング手法は、数々の雑誌やメディアに取り上げられ、テレビ番組(テレビ神奈川)のメインキャスト、ラジオ番組(FM横浜)でもメインパーソナリティーとしても活躍中。プライベートでは子どもの教育を最優先に考え、海外在住。
著書に『武器としてのビジネススキル』『お金と自由をもたらす最速の稼ぎ方』『洞察のススメ』『超・起業思考』他。


ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

関連記事
集英社 学芸部の書評/解説/選評
ページトップへ