書評

『〈賄賂〉のある暮らし:市場経済化後のカザフスタン』(白水社)

  • 2020/04/24
〈賄賂〉のある暮らし:市場経済化後のカザフスタン / 岡 奈津子
〈賄賂〉のある暮らし:市場経済化後のカザフスタン
  • 著者:岡 奈津子
  • 出版社:白水社
  • 装丁:単行本(256ページ)
  • 発売日:2019-10-29
  • ISBN-10:4560097283
  • ISBN-13:978-4560097281
内容紹介:
ソ連崩壊後、独立して計画経済から市場経済に移行したカザフスタン。国のありかたや人びとの生活はどのような変化を遂げたのだろうか

148の生の声、腐敗社会克明に伝える

カザフスタンはかつてソ連を構成する一共和国だったが、ソ連解体後独立し、豊富な天然資源に支えられて経済成長を遂げ、現在、中央アジア随一の新興国として存在感を強めている。しかし、急速な発展の陰で、貧富の格差の拡大や政権の汚職、民主化に逆行する権力者の個人崇拝といった深刻な問題をいくつも抱えている。著者はその一つ、賄賂の問題に長年取り組んできた。それは多くの資料や文献を参照しながら、社会学的な分析を行うという第一線の学術的な研究なのだが、本書はその成果を一般向きに分かりやすくまとめた。現地で一四八名もの人たちに直接インタビューして聞き取った生々しい声を活かしていることが、魅力になっている。巻末に掲げられた一覧を見ると、聞き取り調査の対象となったのは、弁護士、政党幹部、教師、校長、運転手、元内務省職員、看護師、主婦、年金生活者など、エリートから市井の弱者まで、実に様々。社会の断面が広く浮かび上がってくる。

むろん賄賂とは人に言いたくない話題のはずだ。テーマがテーマだけに、気楽な調査ではない。小さな子供を保育園に預けながら現地に長期滞在した著者は、警戒され、警察に突き出される危険まで冒しながら、多くの現地の人たちと積極的に付き合い、率直な話を引き出すことに成功した。その研究者としての人間的な力量には敬服せざるを得ない。そういった調査の結果、「悪習」が横行する社会で生きている人々の、喜怒哀楽に満ちた人間模様が浮かび上がってくる。

ただし一言に「賄賂」といってもその厳密な定義は難しい。「純粋な謝意を示すための贈り物と、便宜と引き換えに渡される賄賂との境界線は、非常にあいまいで可変的」だからである。そこで著者は賄賂を「非公式な問題解決」の方法と広くとらえて、それが社会全体にいかに広く浸透しているかを探っていく。俎上(そじょう)に載せられたのは警察、税関、裁判、徴兵制度から、小売業、飲食店、さらには教育や医療の現場まで、現代生活のあらゆる面にわたる。警官に金を渡して交通違反を見逃してもらうのは日常茶飯事で、税関で不法貨物の持ち込みを黙認してもらい、裁判官に賄賂を渡して刑を軽くしてもらい、運転免許証も卒業証書も学位も金で買う――いたるところで賄賂は横行している。賄賂を渡さないと緊急患者の手術にも応じない医師さえいるという。

しかし著者はこれを単に許しがたい腐敗だと憤慨して糾弾するわけではない。むしろ人々のライフスタイルや、価値観、さらには人間関係のあり方の問題として考え、ソ連時代から現代にかけての、人々の価値観、メンタリティの重要な変化を見てとろうとしている。こういった「非公式な問題解決」においては、カネよりもむしろコネが役に立つというのがソ連時代の顕著な特徴だったが、現代では金さえあればなんでも解決できるというシステムが形成された。その結果、公正や平等を重んずる道徳観が損なわれ、温かい人付き合いを大事にする精神が失われた、と社会主義時代を知る年長者はしきりに嘆く。著者はそういった声をきちんと聞き届けたうえで、「公式か非公式を問わず、あらゆることに十分なカネを払わなければ人間らしく暮らすことのできない社会は、『腐敗』した社会」なのだと結ぶ。本書で描き出される賄賂の実態に呆れ、日本とは無縁の「遅れた国」の話だと思っているそこのあなた、これは他人事じゃないんですよ!
〈賄賂〉のある暮らし:市場経済化後のカザフスタン / 岡 奈津子
〈賄賂〉のある暮らし:市場経済化後のカザフスタン
  • 著者:岡 奈津子
  • 出版社:白水社
  • 装丁:単行本(256ページ)
  • 発売日:2019-10-29
  • ISBN-10:4560097283
  • ISBN-13:978-4560097281
内容紹介:
ソ連崩壊後、独立して計画経済から市場経済に移行したカザフスタン。国のありかたや人びとの生活はどのような変化を遂げたのだろうか

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

毎日新聞

毎日新聞 2020年2月23日

毎日新聞のニュース・情報サイト。事件や話題、経済や政治のニュース、スポーツや芸能、映画などのエンターテインメントの最新ニュースを掲載しています。

関連記事
沼野 充義の書評/解説/選評
ページトップへ