瀬戸川猛資

瀬戸川猛資TAKESHI SETOGAWA

(1948年-1999年)日本のミステリー評論家、映画評論家、編集者。1982年に読書人向けの雑誌『BOOKMAN』を創刊。まだメジャー化する前の呉智英、荒俣宏を起用し、岩波文庫から刊行されている、「知られざる名著・奇書」を紹介した。その後も、「新書特集」や「古書店カタログ」などの個性的な特集を組み、本好きの間でカルト的な人気を博す。著作に『夜明けの睡魔―海外ミステリの新しい波』『夢想の研究―活字と映像の想像力』などがある。


瀬戸川猛資の書評/解説/選評
ページトップへ