書評

『ギャラウェイ事件』(早川書房)

  • 2017/11/23
ギャラウェイ事件 (ハヤカワ・ミステリ 475) / アンドリュウ・ガーヴ
ギャラウェイ事件 (ハヤカワ・ミステリ 475)
  • 著者:アンドリュウ・ガーヴ
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:新書(207ページ)
  • ISBN:4150004757

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

アンドリュウ・ガーヴの小説は何を読んでもおもしろいが、この作品は最高におもしろい。新聞記者がイギリス海峡のジャージー島で、偶然に出会った美女と恋におちる。が、三日後に女は失踪、新聞記者はその行方を捜す旅に出る――という全く新味のない発端だが、このあと新聞記者がベストセラー小説の盗作事件の渦中に巻き込まれるのが意外な展開。盗作事件とその巧妙な手口を正面から取り扱ったミステリは、多分これ以前には例がないだろう。その謎とサスペンスでさんざん読者を引きずりまわしたあとは、ウェールズの廃坑でのクライマックス。ここがまた冒険作家ガーヴの本領発揮部分。文句のつけようのない快作である。

「異常なシチュエーションの複雑な組み合わせといい、計算されつくしたプロットの周到さといい(中略)近年発表された探偵小説中でも上位に位する力作たるを失わない」福島正実

【この書評が収録されている書籍】
ミステリ絶対名作201 (ハンドブック・シリーズ) /
ミステリ絶対名作201 (ハンドブック・シリーズ)
  • 著者:
  • 出版社:新書館
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(277ページ)
  • 発売日:1995-12-08
  • ISBN:4403250106

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ギャラウェイ事件 (ハヤカワ・ミステリ 475) / アンドリュウ・ガーヴ
ギャラウェイ事件 (ハヤカワ・ミステリ 475)
  • 著者:アンドリュウ・ガーヴ
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:新書(207ページ)
  • ISBN:4150004757

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

関連書評/解説/選評
瀬戸川猛資の書評/解説/選評
ページトップへ