書評

『シャドウボクサー』(早川書房)

  • 2018/02/19
シャドウボクサー   / ノエル・ベーン
シャドウボクサー
  • 著者:ノエル・ベーン
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(424ページ)
  • ASIN: B000J82BVE
一九六〇年代後半に登場、『クレムリンの密書』と『シャドウボクサー』の二作を発表しただけで彗星のごとく去っていった作家が、ノエル・べーンである。ジョン・ル・カレやレン・デイトンのスパイ小説の二番煎じであると見なすムキが多かったけれども、全くちがう資質の作家であり、『クレムリンの密書』など山田風太郎の忍法帖を想わせるところがある。その奔放な物語性は本書にもよく表れている。一九四四年のヨーロッパ、ナチスの捕虜収容所から重要な囚人を次々に脱出させるスパイ「シャドウボクサー」の姿を歴史的事象を折り込んで描き出しているのだが、よく観察してみると、その神出鬼没ぶりは怪盗ルパンにそっくりなのだ。

「この作者の心の底には、ありきたりの読物作家とは縁遠いどすぐろい深淵がぽっかり口をあけているのではないかという気がする」(訳者あとがき)

クレムリンの密書  / ノエル・ベーン
クレムリンの密書
  • 著者:ノエル・ベーン
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(426ページ)
  • ISBN:4150402191

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。



【この書評が収録されている書籍】
ミステリ絶対名作201  /
ミステリ絶対名作201
  • 著者:
  • 出版社:新書館
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(277ページ)
  • 発売日:1995-12-08
  • ISBN:4403250106

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

シャドウボクサー   / ノエル・ベーン
シャドウボクサー
  • 著者:ノエル・ベーン
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(424ページ)
  • ASIN: B000J82BVE

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

関連記事
瀬戸川 猛資の書評/解説/選評
ページトップへ