書評

『ルーフォック・オルメスの冒険』(東京創元社)

  • 2018/04/09
ルーフォック・オルメスの冒険 / カミ
ルーフォック・オルメスの冒険
  • 著者:カミ
  • 翻訳:高野優
  • 出版社:東京創元社
  • 装丁:文庫(301ページ)
  • 発売日:2016-05-29
  • ISBN-10:4488185010
  • ISBN-13:978-4488185015
内容紹介:
オルメスはホームズのフランス語読み。ルーフォックは「頭のおかしい」とか「いかれた」の意味。ホームズのパロディと言うには、ぶっ飛びすぎの、とんでもユーモア・ミステリ・コント集。34編の掌編を集めたもの。たとえば、寝ている間に自分の骸骨を盗まれてしまった男の話、とか、巨大なインク壺のなかに閉じ込められた男たちの話とか……「アホカ!」というような掌編ばかり。ミステリ・マニアとしては、読んでおくべき奇書の一冊。
カミは一九二〇年代のフランスのナンセンス作家である。わが国では雑誌「新青年」によって紹介され、人気を誇った。『エッフェル塔の潜水夫』も有名だが、ミステリ・ファンにとってはルーフォック・オルメス(もちろんシャーロック・ホームズのパロディ)の活躍を描く『名探偵オルメス』の作者として語られなければならない。屋根へ上りたがる夢遊病者ばかりの強盗団対催眠術にかけられた男の対決を描く『催眠術合戦』、両手首のない男が高利貸しから平手打ちされ、その無念をはらすため手袋屋の巨大な看板で高利貸しを引っぱたき殺す『一メートルニセンチの掌』など奇想天外なお話が一杯、ただし、いま読むと古めかしさは否めない。(事務局注:この書評は『名探偵オルメス』(芸術社・三谷正太訳・絶版)に対するものです)

【この書評が収録されている書籍】
ミステリ絶対名作201  /
ミステリ絶対名作201
  • 出版社:新書館
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(277ページ)
  • 発売日:1995-12-08
  • ISBN-10:4403250106
  • ISBN-13:978-4403250101

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ルーフォック・オルメスの冒険 / カミ
ルーフォック・オルメスの冒険
  • 著者:カミ
  • 翻訳:高野優
  • 出版社:東京創元社
  • 装丁:文庫(301ページ)
  • 発売日:2016-05-29
  • ISBN-10:4488185010
  • ISBN-13:978-4488185015
内容紹介:
オルメスはホームズのフランス語読み。ルーフォックは「頭のおかしい」とか「いかれた」の意味。ホームズのパロディと言うには、ぶっ飛びすぎの、とんでもユーモア・ミステリ・コント集。34編の掌編を集めたもの。たとえば、寝ている間に自分の骸骨を盗まれてしまった男の話、とか、巨大なインク壺のなかに閉じ込められた男たちの話とか……「アホカ!」というような掌編ばかり。ミステリ・マニアとしては、読んでおくべき奇書の一冊。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ
関連記事
瀬戸川 猛資の書評/解説/選評
ページトップへ