コラム

松原隆一郎「2017この3冊」毎日新聞|『富国と強兵』中野剛志『平家物語』古川日出男『時がつくる建築』加藤耕一

  • 2018/01/04

2017 この3冊

〈1〉『富国と強兵』中野剛志著(東洋経済新報社・3888円)

〈2〉『平家物語』古川日出男訳(河出書房新社・3780円)

〈3〉『時がつくる建築』加藤耕一著(東京大学出版会・3888円)


反グローバリズムの嵐が今年も吹き荒れた。人類の劣化と見えるかもしれないが、〈1〉はむしろそれが「地政経済学」の現実であることを「信用貨幣論」から解き明かす。中国の進出や北朝鮮の暴走は国家の行動として理解するしかないであろう。

「琵琶法師による語り物」という視点から新訳を試みた〈2〉によってへ平安末期の政治と源平合戦がぐっと身近になった。それにしても、源頼朝の平家掃討は、ジェノサイドと呼ぶべき血腥さと徹底ぶり。諸行無常の非情さがあったからこそ救われるために仏教が必要とされたと痛感する。

スクラップ・アンド・ビルドは建築に対するジェノサイドであろう。〈3〉は西欧建築史から、「使い捨て」が近代的で一段高い価値があり、補修・再利用(リノベーション)が前近代といっ先入観を覆す。廃棄による刷新は日本の伝統なのだろうか。

富国と強兵 / 中野 剛志
富国と強兵
  • 著者:中野 剛志
  • 出版社:東洋経済新報社
  • 装丁:単行本(638ページ)
  • 発売日:2016-12-09
  • ISBN:4492444386
内容紹介:
経済力と政治力・軍事力との間の密接不可分な関係を解明する地政経済学で、資本主義終焉論と地政学が復活する今と未来を読み解く。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

平家物語  / 古川日出男(翻訳)
平家物語
  • 著者:古川日出男(翻訳)
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(908ページ)
  • 発売日:2016-12-08
  • ISBN:4309728790
内容紹介:
混迷極まる政治。相次ぐ災害。そして戦争へ――文学史上空前のエンターテインメント巨編を、語りの魔術師・古川日出男の完全訳で。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

時がつくる建築: リノべーションの西洋建築史 / 加藤 耕一
時がつくる建築: リノべーションの西洋建築史
  • 著者:加藤 耕一
  • 出版社:東京大学出版会
  • 装丁:単行本(372ページ)
  • 発売日:2017-04-24
  • ISBN:4130611356
内容紹介:
建築的創作行為としての「リノベーション」の歴史的意義を見直し、近代的建築史観を再考する。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

毎日新聞

毎日新聞 2017年12月17日

毎日新聞のニュース・情報サイト。事件や話題、経済や政治のニュース、スポーツや芸能、映画などのエンターテインメントの最新ニュースを掲載しています。

関連記事
ページトップへ