読書日記

石原千秋『「こころ」大人になれなかった先生』(みすず書房)、ニキ・リンコ『俺ルール!』(花風社)、長谷川啓三『ソリューション・バンク』(金子書房)ほか

  • 2018/11/01
「ベストセラー本ゲーム化会議」というタイトルで鼎談をやっている。ゲームデザイナー三人でベストセラーを読んで、わいわい言いながらゲーム化する会議だ。日本の名作文学を取り上げることもあるのだが、ぼくには、まったくといっていいほど、そのあたりの基礎知識がない。

付け焼き刃で名作の知識を仕入れてもしょうがない、課題となった作品だけをきちんと読むのだというスタイルで挑む。手抜きじゃなくて、文学無垢な俺がどう感じたか、素直に喋ったほうがおもしろいだろう、近代文学に詳しい人には「こいつ馬鹿だなぁー」と笑っていただこうという戦略だ。

夏目漱石の『こころ』も、この鼎談のために初めて読んだ。『三四郎』も、柔道やってる小説だと思ってたぐらいである。

理想の教室シリーズで石原千秋『「こころ」大人になれなかった先生』(みすず書房/一三〇〇円・のち朝日文庫)なんて本が出てると、無知暴言を吐いた身としては気になる。ので、読んでみた。

がーーーーーーーーーーーん。

文学よ、ごめん!

漱石、すまんかった。

俺は本当に無知であった。

すごいな、文学って。

いまさら、こんなことを言うのは恥ずかしい限りだが、小説を読むということはなんと深い営みであることよ、業の深いものであるか。

『こころ』に登場する「先生」が、ほうれんそう(報告・連絡・相談)できないタイプで、ぼくはとても苛立った。ほうれんそうができないとこんな悲惨なことになるという具体例としてフレッシュビジネスマンに読ませるべきだと思った。そんなダメ男を先生と呼び尊敬する青年もダメだと思った。漱石も、漱石だ。青年を成長させるわけでもなく、そのまんま中途半端に終わらせちゃって!

読みが足りぬ!

足りんかった!

 「余所々々しい頭文字などはとても使う気にならない」という理由で青年は「先生」と記す。しかし、その先生は親友のことをKと「余所々々しい頭文字」で書いているのだ。ここから、青年が”敬愛の情の表明の形を借りた隠微な批判”を先生にしているのだ、と石原千秋は、指摘する。

その他にも、衝撃の指摘が連続する。何故、先生はあんなに「ほうれんそう」しないのか。未亡人と娘のところに下宿しているというラブコメな状況にわざわざ親友Kを呼び寄せて混乱させる意図はなんなのか。青年が先生をそんなに慕っていたのは何故か。

謎が解けていく快楽。テキストを探る文学的想像力の冒険に興奮しながら読み進めていくと、最後の衝撃的な解釈。どーーーーーーーーーーーん!

その解釈を知った瞬間に、読んだと思っていた作品がまったく違った世界に変貌する驚き。

 “ほころびは、実はほころびではなく解釈の重要な手がかりになるかもしれません。そういう可能性を信じない限り、小説の解釈などできはしないのです”

まず夏目漱石の『こころ』を読むことをオススメする。昔、読んだって人も、再読。できれば、三人以上の友達に勧めて、全員で読んで、みんなで『こころ』について話し合って、それから本書を読むと良い。『こころ』が、超絶ミステリィ問題編で、本書がひとつの解決編、そういう読み方をしてみると、すげぇぇぇおもしろい。保証する。

「こころ」で読みなおす漱石文学 大人になれなかった先生 / 石原千秋
「こころ」で読みなおす漱石文学 大人になれなかった先生
  • 著者:石原千秋
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 装丁:文庫(299ページ)
  • 発売日:2013-06-07
  • ISBN:4022647043
内容紹介:
【文学/評論】なぜ夏目漱石は国民作家に、『こころ』は高校教科書の定番になったのか? 大衆社会に生きる現代人にこそ響く、高校生からおとなまで、「Kの自殺」しか記憶にない人にも楽しめる、奥の深い読みなおしの漱石本。4章5章文庫書き下ろし。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

自閉症関連の本を二冊。ニキ・リンコ『俺ルール!』(花風社/一六〇〇円)の著者はアスペルガー症候群。”俺ルール”をキーワードに、自閉特有のこだわりや、編集力の障害を、日常のできごとから具体例をあげて説明するライトエッセイ。四コマ漫画つき。前著の『自閉っ子、こういう風にできてます!』から読むとわかりやすい。朴美景『走れ、ヒョンジン!』(ランダムハウス講談社/一四〇〇円)は、自閉症と診断された息子を持つ母親の手記。「マラソン」というタイトルで映画化(自閉について基礎知識があると滅法泣ける映画)。

俺ルール!―自閉は急に止まれない / ニキ・リンコ
俺ルール!―自閉は急に止まれない
  • 著者:ニキ・リンコ
  • 出版社:花風社
  • 装丁:単行本(316ページ)
  • 発売日:2005-07-01
  • ISBN:9784907725655

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

走れ、ヒョンジン! / 朴 美景
走れ、ヒョンジン!
  • 著者:朴 美景
  • 出版社:ランダムハウス講談社
  • 装丁:単行本(254ページ)
  • 発売日:2005-07-09
  • ISBN:4270000872
内容紹介:
ヒョンジンは、大きくなっても心はずっと子どものまま。母の育児日記は、いつまでたっても終わらない。だから母は、息子より一日でも長く生きたいと願う。自閉症の息子を、なんとかして幸せにしたいと願う母の42.195キロより長い、人生のマラソン。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

長谷川啓三『ソリューション・バンク ブリーフセラピーの哲学と新展開』(金子書房/一八〇〇円)。ブリーフセラピーというのは、小さく・受け入れやすく・ユーモアを持って、介入するカウンセリングの方法。「原因の除去=解決」と考えないのが新鮮。靴箱に「死ね」などという手紙を入れられいじめられてた子には、先生と靴箱を変えてもらうという介入を行って解決した、というような事例がたくさん載っている。

ソリューション・バンク―ブリーフセラピーの哲学と新展開 / 長谷川 啓三
ソリューション・バンク―ブリーフセラピーの哲学と新展開
  • 著者:長谷川 啓三
  • 出版社:金子書房
  • 装丁:単行本(176ページ)
  • 発売日:2005-07-01
  • ISBN:4760826025

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

心はファンタジックな性質を持っているもので、精神分析とはこのファンタジーの分析であり、分析結果もまたファンタジーだという認識がこの本で述べられているが、だとすると高橋準『ファンタジーとジェンダー』(青弓社/一六〇〇円)は、ファンタジー小説であつかわれるジェンダーを分析することで、現実のジェンダーの問題をリフレーミングする試みだとも言えるだろう。「男装する女性」「戦う女性」「家族」といったテーマを軸に「十二国記」「ハリー・ポッター」「グイン・サーガ」「指輪物語」と取り上げる作品の幅の広さが嬉しい。

ファンタジーとジェンダー / 高橋 準
ファンタジーとジェンダー
  • 著者:高橋 準
  • 出版社:青弓社
  • 装丁:単行本(244ページ)
  • ISBN:4787232347
内容紹介:
空想的な創造でありながら、同時に現実社会と対峙し批評するファンタジーという世界。作品を成立させるしくみである「男装の麗人」「戦う女性」「家族」を軸に、そこに織り込まれた現実のジェンダー関係やセクシュアリティにとってのオルタナティブを読み解く。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

長嶋有『いろんな気持ちが本当の気持ち』(筑摩書房/一三〇〇円)はエッセイ集。世界についてまだ何も知らない子供が次々と発見する様子が楽しいように、大人になっても見つけてしまう感じが楽しい。というか、世界にはまだまだ発見できることがあるんだって勇気づけられる。いっきに読むのがもったいないから、ちびちびと。

いろんな気持ちが本当の気持ち / 長嶋 有
いろんな気持ちが本当の気持ち
  • 著者:長嶋 有
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:文庫(253ページ)
  • 発売日:2011-10-06
  • ISBN:4480428860
内容紹介:
2011年デビュー10周年を迎えた著者の、創作の原点がわかる、第一エッセイ集。じたばたと考え、小説を書き、小説を読み、記憶をさぐり、そして日常を送る…。世界のなにに注目し、それをどう描いていくのか。新鮮な驚きと独特のこだわりに満ちた、長嶋有ワールドは、どんなに短いエッセイでも健在。文庫化にあたり、書き下ろしエッセイを追加。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

内山哲夫『転落弁護士 私はこうして堀の中に落ちた』(講談社/一六〇〇円・のち幻冬舎)は、札束と女体の誘惑に負けて転落した弁護士の手記。悲劇的な内容なのに、無邪気にも思える文章が子供の作文みたいで、たくまざるユーモアになっていて、変におかしい。

転落弁護士―私はこうして塀の中に落ちた / 内山 哲夫
転落弁護士―私はこうして塀の中に落ちた
  • 著者:内山 哲夫
  • 出版社:幻冬舎
  • 装丁:文庫(342ページ)
  • 発売日:2010-12-01
  • ISBN:4344415868

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

四コマ漫画を二冊。ちまきing『あふがにすタン』(三才ブックス/一五〇〇円)は、あふがにすタン、ぱきすタン、うずべきすタンなどの美少女キャラが活躍する世界情勢を四コマ漫画化した異色作。施川ユウキ『サナギさん』(秋田書店/三九〇円)、”「帝王切開」を「切開帝王」に変えるとスゴ味が一気に増す!”とか”「晴れがましい」は「がましい」の部分があんまり晴れがましくない!!”と愚にもつかないことを考えるサナギさんが素敵な子供ふしぎ発見ねじれ四コマ。言葉好きな人はぜひ。

あふがにすタン / ちまきing
あふがにすタン
  • 著者:ちまきing
  • 出版社:三才ブックス
  • 装丁:コミック(79ページ)
  • 発売日:2005-07-22
  • ISBN:9784861990090
内容紹介:
大国の思惑に翻弄され続けた国がある。それ故に幾度も戦火にまかれた国がある。そして世界中に見放された国がある。かつてその国は「文明の十字路」と呼ばれていた。アフガニスタンが、もし一人の少女だったら。胸にこみあげる、やさしさとせつなさ萌えと世界が邂逅する歴史大河ロマン世界史四コマ漫画。なお、この漫画は史実を元にした創作であり、実在の人物、団体、事件とは関係ありません。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

サナギさん 1 / 施川 ユウキ
サナギさん 1
  • 著者:施川 ユウキ
  • 出版社:秋田書店
  • 装丁:コミック(0ページ)
  • 発売日:2005-07-08
  • ISBN:4253210112

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。



【この読書日記が収録されている書籍】
米光一成ブックレビュー Vol.1 / 米光 一成
米光一成ブックレビュー Vol.1
  • 著者:米光 一成
  • 出版社:インプレスR&D
  • 装丁:Kindle版(55ページ)
  • 発売日:2014-11-14
  • ASIN: B00PL9XLIS
内容紹介:
人気ゲーム『ぷよぷよ』監督のゲーム作家、米光一成が2005年から2006年の2年間にわたって「本の雑誌」に連載した書評集の2005年版です。森達也『いのちの食べ方』や角川春樹『わが闘争』、佐藤幹生『自閉症裁判』、みうらじゅん『正しい保健体育』など新旧、硬軟取り混ぜた“ごった煮書評集”。うねる文体のグルーブ感、ドライブする本へ愛をお楽しみください。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

本の雑誌

本の雑誌 2005年10月号

読みたい本に、きっと出会える。本を読みたくなる情報や書評がいっぱい。

関連記事
ページトップへ