書評

『ディスコ探偵水曜日』(新潮社)

  • 2017/07/01
ディスコ探偵水曜日〈上〉 / 舞城 王太郎
ディスコ探偵水曜日〈上〉
  • 著者:舞城 王太郎
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(621ページ)
  • 発売日:2008-07-00
  • ISBN-10:4104580031
  • ISBN-13:978-4104580033
内容紹介:
迷子専門の米国人探偵ディスコ・ウェンズデイは、東京都調布市で、六歳の山岸梢と暮らしている。ある日彼の眼前で、梢の体に十七歳の少女が"侵入"。人類史上最大の事件の扉が開いた… もっと読む
迷子専門の米国人探偵ディスコ・ウェンズデイは、東京都調布市で、六歳の山岸梢と暮らしている。ある日彼の眼前で、梢の体に十七歳の少女が"侵入"。人類史上最大の事件の扉が開いた。魂泥棒、悪を体現する黒い鳥の男、円柱状の奇妙な館に集いし名探偵たちの連続死-。「お前が災厄の中心なんだよ」。ジャスト・ファクツ!真実だけを追い求め、三千世界を駆けめぐれ、ディスコ。
トヨザキ的評価軸:
「金の斧(親を質に入れても買って読め)」
「銀の斧(図書館で借りられたら読めば―)」
「鉄の斧(ブックオフで100円で売っていても読むべからず)」

前篇 思わず“本読み”の直感も告げる「おめえ、こりゃ傑作だぞ」と

この上下巻併せて千ページを超えるメガノヴェルを読了した瞬間、わたしの性能の悪い脳味噌は大爆発。舞城王太郎。あんた、すごいよ。なんだかよくわかんないけど、すごい。すごすぎる、皆さんには正直に申し上げましょう。わたくし、おそらく『ディスコ探偵水曜日』に書かれていることの十分の一も理解できておりません。にもかかわらず、本読みとしての直感が告げておりますの。

「おめえ、こりゃ傑作だぞ」

というわけで、皆さん、読まねばなりません。途中わからないことがいっぱい出てきても、本を閉じてはいけません。自分を閉じてはいけません。思考を停止してはいけません。だって、これはそういうことが書かれた本なんですから。多分。

主人公は〈今とここで表す現在地点がどこでもない場所になる英語の国で生まれた〉迷子探し専門の探偵ディスコ・ウェンズデイ。「now」と「here」で「nowhere」なんてかっこいいフレーズで始まるこの小説は、六歳の少女・梢を預かることになったディスコが、彼女を守るために時空を超える大活躍を見せる、新本格(トンデモ)ミステリーとハード(トンデモ)SFの持ち味を合体させた物語になってるんです。物語が動き出すきっかけは、幼い梢の体に十七歳の梢がやってきたこと。そればかりか、中二女子の魂ばかり奪うパンダラヴァーによって、昏睡状態に陥らされた島田桔梗の魂までが梢の体に侵入。しかも、梢の膣の中からは四本の指まで出てきてしまうのです。この一大事を解決するため、ディスコは凶暴な和菓子職人・水星Cと共に、六歳の梢の魂が迷い込んでしまったと思われる、福井県西暁町の奇妙な形状の館パインハウスへと向かいます。そこでは館の主である推理作家・暗病院終了の殺害事件を解決しようと、名探偵が集結していて――。

ここから名探偵たちの謎解き合戦が展開。大和民族はユダヤ人説、ウロボロス、ラグナレク(神々の黄昏)、ユグドラシル(世界樹)、魔法陣、タロットなど、ペダントリックな言説を駆使した謎解きが提示されては否定される。その繰り返しが無限に続いていくかと思われる上巻は、正直、冗長に思われます。でも、この一見バカミスと思わせるひとつひとつの仮説が、下巻で伏線として効いてくるので読み飛ばしちゃヤ。で、この清涼院流水の「JDCシリーズ」へのオマージュとして書かれた『九十九十九』(講談社文庫)の続篇かと思わせる物語が、なんと下巻に入ってハードSFの様相を呈していくんですの。で……、ああ、とても書ききれないっ。というわけで、この続きは次回で!

関連書評:豊崎由美【書評】舞城王太郎『ディスコ探偵水曜日』後篇

九十九十九  / 舞城 王太郎
九十九十九
  • 著者:舞城 王太郎
  • 出版社:講談社
  • 装丁:新書(608ページ)
  • 発売日:2003-04-07
  • ISBN-10:406182306X
  • ISBN-13:978-4061823068
内容紹介:
「苦しさを感じるなら、僕なんて愛さなくていいんだ」。聖書/『創世記』/『ヨハネの黙示録』の見立て連続殺人を主旋律に、神/「清涼院流水」の喇叭が吹き荒れる舞台で踊りつづける超絶のメタ探偵・九十九十九の魂の旅が圧倒的文圧で語られる。"世紀の傑作"はついに王太郎の手によって書かれてしまった!「ハァレルゥヤ」。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。



【この書評が収録されている書籍】
正直書評。 / 豊崎 由美
正直書評。
  • 著者:豊崎 由美
  • 出版社:学習研究社
  • 装丁:単行本(228ページ)
  • 発売日:2008-10-00
  • ISBN-10:4054038727
  • ISBN-13:978-4054038721
内容紹介:
親を質に入れても買って読め!図書館で借りられたら読めばー?ブックオフで100円で売っていても読むべからず?!ベストセラーや名作、人気作家の話題作に、金、銀、鉄、3本の斧が振り下ろされる。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ディスコ探偵水曜日〈上〉 / 舞城 王太郎
ディスコ探偵水曜日〈上〉
  • 著者:舞城 王太郎
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(621ページ)
  • 発売日:2008-07-00
  • ISBN-10:4104580031
  • ISBN-13:978-4104580033
内容紹介:
迷子専門の米国人探偵ディスコ・ウェンズデイは、東京都調布市で、六歳の山岸梢と暮らしている。ある日彼の眼前で、梢の体に十七歳の少女が"侵入"。人類史上最大の事件の扉が開いた… もっと読む
迷子専門の米国人探偵ディスコ・ウェンズデイは、東京都調布市で、六歳の山岸梢と暮らしている。ある日彼の眼前で、梢の体に十七歳の少女が"侵入"。人類史上最大の事件の扉が開いた。魂泥棒、悪を体現する黒い鳥の男、円柱状の奇妙な館に集いし名探偵たちの連続死-。「お前が災厄の中心なんだよ」。ジャスト・ファクツ!真実だけを追い求め、三千世界を駆けめぐれ、ディスコ。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

TV Bros.

TV Bros. 2008年8月30日

多彩な連載陣のコラムが人気のポップカルチャーTV情報誌。豊﨑由美氏の書評コーナー「帝王切開金の斧」が好評連載中。

関連記事
豊崎 由美の書評/解説/選評
ページトップへ