書評

『ミドルセックス』(早川書房)

  • 2017/09/11
ミドルセックス / ジェフリー・ユージェニデス
ミドルセックス
  • 著者:ジェフリー・ユージェニデス
  • 翻訳:佐々田 雅子
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:単行本(733ページ)
  • 発売日:2004-03-24
  • ISBN-10:4152085541
  • ISBN-13:978-4152085542
内容紹介:
デズデモーナとレフティーは姉弟でありながら、深く愛し合っていた。1922年、ギリシャとトルコの戦争で村が壊滅し、二人はいとこ夫婦を頼りにアメリカ、デトロイトへ夫と妻として渡る。やがて、二組の夫婦の子供、ミルトンとテッシーが惹かれ合うようになる。1960年、そこに生まれた待望の女の子がわ… もっと読む
デズデモーナとレフティーは姉弟でありながら、深く愛し合っていた。1922年、ギリシャとトルコの戦争で村が壊滅し、二人はいとこ夫婦を頼りにアメリカ、デトロイトへ夫と妻として渡る。やがて、二組の夫婦の子供、ミルトンとテッシーが惹かれ合うようになる。1960年、そこに生まれた待望の女の子がわたし、カリオペだ。車産業が隆盛を誇る街デトロイトで、祖父が始めた食堂を父が繁盛させ、わたしは大事に育てられた。女子高に通うようになったわたしは、自分の体つきに悩み、ある同級生への熱い想いに苦しんでいた。そんなある日、自分がふつうの女の子ではないことを知ったわたしは、激しい衝撃を受け、家族のもとを飛び出すが…。あるギリシャ系一家で紡いできた稀有な歴史を壮大に描く、現代の神話。女と男、二つの性を授かった一人の人間の数奇な運命を描くピュリッツァー賞受賞作。
トヨザキ的評価軸:
「金の斧(親を質に入れても買って読め)」
「銀の斧(図書館で借りられたら読めば―)」
「鉄の斧(ブックオフで100円で売っていても読むべからず)」

すべての登場人物の心中に分け入り、共鳴し、その運命に寄り添おう

この物語の語り手は、カル/カリオペ。第五染色体に起きた劣性突然変異遺伝子の持ち主である彼/彼女は、女児(カリオペ)としてこの世に生を受けたのに、第二次性徴が現れる十四歳の時、男(カル)として生まれ直した半陰陽者だ。そのカル/カリオペが四十一歳になって自らのルーツを語り起こしたという話が、このとても長い、そしてその長大さを支えるだけの面白さを十二分に備えたファミリー・サーガなんである。

時は一九二二年。貧しい寒村に生まれ、両親を亡くしたデズデモーナは養蚕で生計を立てるかたわら、弟レフティーの嫁探しに奔走している。ところが、ある日、二人は気づいてしまうのだ。自分たちが互いを深く愛していることを。やがて、ギリシャとトルコの戦争で村が壊滅。大火の中、逃げまどう姉弟は艱難辛苦の末、いとこのスーメリナ夫婦を頼りにアメリカはデトロイトへ、夫婦として渡っていく。やがて男児ミルトンが誕生。成長したミルトンはスーメリナの娘テッシーと結婚する。そして十八世紀半ば、〈わたし〉から九代遡ったペネロペ・エヴァンゲラトスに出現した劣性突然変異遺伝子は、一九六〇年、〈わたし〉へと伝えられ――。

可愛い女の子として生まれたのに、だんだん顔つきが男っぽくなっていき、背ばかり伸びていくのに胸はぺちゃんこのままで生理も来ない。女子高に通うようになった〈わたし〉は、自分と他の娘との違いに悩み、ある同級生への熱い想いに苦しむ。このあたりの思春期ならではの苦悩や歓びは、大抵の読者にとって多少は覚えのあることばかりにちがいない。“普通”ではないキャラクターを主人公にしながら、その感情の起伏を誰にでも共感可能な普遍の域で語る作者ユージェニデスの、語り部としての巧みさには感心させられるばかりだ。

カル/カリオペの一人称視点にもかかわらず全登場人物の内面が語られるとか、同一エピソードのしつこいくらいの繰り返しとか、語りには(確信犯的な)反則ぎりぎりのテクニックが駆使されている。その饒舌さがもたらす喚起力豊かな“声”と、巧みなキャラクタライゼーション、二つの性を生きるカル/カリオペをはじめ全篇に仕掛けられている二重性のメタファーによって、コミカルでありながら深みを伴う奥行き深い物語性を獲得。すべての登場人物の心中に分け入り、共感し、その運命に寄り添う。これはそんな書き方をされた小説なのだし、そんな読み方が求められる小説なのだ。そして、わたしはそんな小説がとても好きなのだ。

【この書評が収録されている書籍】
正直書評。 / 豊崎 由美
正直書評。
  • 著者:豊崎 由美
  • 出版社:学習研究社
  • 装丁:単行本(228ページ)
  • 発売日:2008-10-00
  • ISBN-10:4054038727
  • ISBN-13:978-4054038721
内容紹介:
親を質に入れても買って読め!図書館で借りられたら読めばー?ブックオフで100円で売っていても読むべからず?!ベストセラーや名作、人気作家の話題作に、金、銀、鉄、3本の斧が振り下ろされる。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ミドルセックス / ジェフリー・ユージェニデス
ミドルセックス
  • 著者:ジェフリー・ユージェニデス
  • 翻訳:佐々田 雅子
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:単行本(733ページ)
  • 発売日:2004-03-24
  • ISBN-10:4152085541
  • ISBN-13:978-4152085542
内容紹介:
デズデモーナとレフティーは姉弟でありながら、深く愛し合っていた。1922年、ギリシャとトルコの戦争で村が壊滅し、二人はいとこ夫婦を頼りにアメリカ、デトロイトへ夫と妻として渡る。やがて、二組の夫婦の子供、ミルトンとテッシーが惹かれ合うようになる。1960年、そこに生まれた待望の女の子がわ… もっと読む
デズデモーナとレフティーは姉弟でありながら、深く愛し合っていた。1922年、ギリシャとトルコの戦争で村が壊滅し、二人はいとこ夫婦を頼りにアメリカ、デトロイトへ夫と妻として渡る。やがて、二組の夫婦の子供、ミルトンとテッシーが惹かれ合うようになる。1960年、そこに生まれた待望の女の子がわたし、カリオペだ。車産業が隆盛を誇る街デトロイトで、祖父が始めた食堂を父が繁盛させ、わたしは大事に育てられた。女子高に通うようになったわたしは、自分の体つきに悩み、ある同級生への熱い想いに苦しんでいた。そんなある日、自分がふつうの女の子ではないことを知ったわたしは、激しい衝撃を受け、家族のもとを飛び出すが…。あるギリシャ系一家で紡いできた稀有な歴史を壮大に描く、現代の神話。女と男、二つの性を授かった一人の人間の数奇な運命を描くピュリッツァー賞受賞作。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

TV Bros.

TV Bros. 2004年5月15日

多彩な連載陣のコラムが人気のポップカルチャーTV情報誌。豊﨑由美氏の書評コーナー「帝王切開金の斧」が好評連載中。

関連記事
豊崎 由美の書評/解説/選評
ページトップへ