書評

『奇術師』(早川書房)

  • 2017/09/10
〈プラチナファンタジイ〉 奇術師  / クリストファー・プリースト
〈プラチナファンタジイ〉 奇術師
  • 著者:クリストファー・プリースト
  • 翻訳:古沢 嘉通
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(587ページ)
  • 発売日:2004-02-10
  • ISBN:4150203571
内容紹介:
北イングランドに赴いたジャーナリストのアンドルーは、彼を呼び寄せた女性ケイトから思いがけない話を聞かされる。おたがいの祖先は、それぞれに"瞬間移動"を得意演目としていた、二十世紀初頭の天才奇術師。そして、生涯ライバル関係にあった二人の確執は子孫のアンドルーにまで影響を与えているというのだが…!?二人の奇術師がのこした手記によって、衝撃の事実が明らかとなる!世界幻想文学大賞受賞の幻想巨篇。
トヨザキ的評価軸:
「金の斧(親を質に入れても買って読め)」
「銀の斧(図書館で借りられたら読めば―)」
「鉄の斧(ブックオフで100円で売っていても読むべからず)」

騙り名人プリーストの面目躍如たる一作、ようやく訳出!

かつて早川書房から出ていた、夢の文学館シリーズの一冊として刊行された『魔法』という小説をご存じでありましょうか。それは、この世に存在する三角関係をモチーフにした小説中もっとも奇妙な物語で、まさに魔法のごとき鮮やかなテクニックを駆使した逸品だったんであります。で、一九九五年に出た、かの本の訳者あとがきに記されていた〈今年待望の新作長篇The Prestigeが発表された〉、その作品が二〇〇四年の今、ようやく訳出されたんですよー。

新聞記者のアンドルーが、ある宗教団体で起こった事件に関する記事をフォローするために列車に乗りこむ。物語はそこから幕をあけます。が、彼を呼び寄せた女性ケイトから聞かされたのは宗教団体の話などではなく、アンドルーと彼女の出自にまつわる話。二人の祖先は、それぞれ〈瞬間移動〉を持ちネタにしていた十九世紀末の天才奇術師で、終生激しいライバル関係にあり、その確執は子孫である自分たちにも深い影を落としているのだ、と。幼い頃養子に出され、実の親を知らないアンドルーは、彼女の話に引き込まれていくのですが――。

二人の奇術師が残した手記と日記。物語の大半はその記述に費やされています。深い関係にあった二人だけに、そこで触れられている出来事はたびたび重複しており、しかし、書き手が変わればこれほど見える光景が違うものかというほど、その内容は異なっているのです。それが、全篇を彩る”語り=騙り”のほんの手始め。この騙りがもたらすズレは物語が進むほどに大きくなっていくのですが、そのズレは最後に用意された”双子=分身=ドッペルゲンガー”にまつわる大きな騙りによって一本に収敏していき、やがて哀しくも不気味な光景を出現させます。このあたりは、さすが騙り名人プリーストの面目躍如。

でも、惜しむらくは、二人の文体に変化をもたせていないため、同じ出来事について語(騙)っているという重複感も手伝い、そのパートがどうしても冗長に感じられてしまうのです。そんなイライラは最終章に用意されている驚愕で帳消しになるわけですし、懇切丁寧な筆致が大半の読者にとってわかりやすさにつながっていくことも了解できるのだけれど、『魔法』におけるタイトな語り口とクールな現実崩壊感、説明抜きの不親切ぎりぎりの騙り性に魅了された身には、そのくどさ(親切)が物足りなく感じられた次第。まあ、そんな無いものねだりをしたくなるのも、相手がプリーストだからこそ。自信をもっておすすめできる一冊に違いはないんであります。

【この書評が収録されている書籍】
正直書評。 / 豊崎 由美
正直書評。
  • 著者:豊崎 由美
  • 出版社:学習研究社
  • 装丁:単行本(228ページ)
  • 発売日:2008-10-00
  • ISBN:4054038727
内容紹介:
親を質に入れても買って読め!図書館で借りられたら読めばー?ブックオフで100円で売っていても読むべからず?!ベストセラーや名作、人気作家の話題作に、金、銀、鉄、3本の斧が振り下ろされる。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

〈プラチナファンタジイ〉 奇術師  / クリストファー・プリースト
〈プラチナファンタジイ〉 奇術師
  • 著者:クリストファー・プリースト
  • 翻訳:古沢 嘉通
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(587ページ)
  • 発売日:2004-02-10
  • ISBN:4150203571
内容紹介:
北イングランドに赴いたジャーナリストのアンドルーは、彼を呼び寄せた女性ケイトから思いがけない話を聞かされる。おたがいの祖先は、それぞれに"瞬間移動"を得意演目としていた、二十世紀初頭の天才奇術師。そして、生涯ライバル関係にあった二人の確執は子孫のアンドルーにまで影響を与えているというのだが…!?二人の奇術師がのこした手記によって、衝撃の事実が明らかとなる!世界幻想文学大賞受賞の幻想巨篇。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

TV Bros.

TV Bros. 2004年6月12日

多彩な連載陣のコラムが人気のポップカルチャーTV情報誌。豊﨑由美氏の書評コーナー「帝王切開金の斧」が好評連載中。

関連記事
豊崎 由美の書評/解説/選評
ページトップへ