書評

『悪童日記』(早川書房)

  • 2017/10/02
悪童日記  / アゴタ・クリストフ
悪童日記
  • 著者:アゴタ・クリストフ
  • 翻訳:堀 茂樹
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(301ページ)
  • 発売日:2001-05-01
  • ISBN-10:4151200029
  • ISBN-13:978-4151200021
内容紹介:
戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理-非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記にしるす。戦争が暗い影を落とすなか、ぼくらはしたたかに生き抜いていく。人間の真実をえぐる圧倒的筆力で読書界に感動の嵐を巻き起こした、ハンガリー生まれの女性亡命作家の衝撃の処女作。

二十世紀の悪漢小説

小説を書いて、一冊の本になって世に出るのを夢みる。これは、人によってはとてつもなくふくらむ夢ともなる。作品は仕上がって手許にある。新人賞に応募するか。しかし、何千何万もの応募作の中から選ばれるなんて、ほぼ絶望的だ。伝手(つて)は? ない。有名出版社に送りつけるか。まず読んでもらえまい。手はない。

一九五六年のハンガリー動乱の折、亡命してスイスの片田舎で暮らしていた一人の中年女性が、はじめて書いた小説をパリの三つの大手文芸出版社に、町の郵便局からいきなり送りつけた。数週間後、二社から出版拒絶の返事がきた。返事をもらえるだけでもましだ。ところが、残る一社が、いきなりこの無名外国人の処女作を無修正で出版することに決定したのだ。

こうしてアゴタ・クリストフの『悪童日記』が世に出ることになった。一九八六年のこと。

新刊書を一読して、掛け値なしで、傑作だ! と呼べる本はそうざらにはない。いまさらいうまでもないが、『悪童日記』は傑作だ!

戦争がはじまったため〈大きな町〉から、祖母のいる〈小さな町〉へ疎開してきた双子の〈ぼくら〉の冒険物語。背景となるのがヒトラーがらみの戦争だから深刻だが、これは一種の寓意小説で、ヒトラーの名もユダヤ人の名も国名、町名も直接には出てこない。登場人物たちにも名前がない。

双子のぼくらはまたたくまに怪物に変身してゆくが、これには、おじいちゃんを毒殺したという前科を持つ、おばあちゃんの有形無形の過酷きわまる教育によるところが大きい。

ぼくらは、彼女を「おばあちゃん」と呼ぶ。人々は、彼女を“魔女”と呼ぶ。彼女は、ぼくらを「牝犬の子」と呼ぶ。

ぼくらは飢えと迫害を生き抜こうとあらゆることをやる。体の鍛練のため、裸になって二人で痛くなくなるまでベルトで打ちあう。断食の訓練、不動・沈黙の術を身につける。精神の強化のために、あらゆる侮蔑の言葉を互いに投げつけあう。それから、屋根裏部屋でみつけた大辞典と聖書を徹底的に暗記する。

占領軍の言葉、ドイツ語を数週間でマスターする。新しい占領軍(ソ連軍)が来れば、これもまたたくまにマスターしてしまう。彼らは天才だ。しかもクローン人間のようにそっくりで、いつも二人だから、怖いものはない。恐るべき子供たち。

畑を耕し、漁をし、盗み、かっぱらいをやるが、兎唇(みつくち)の乞食の少女を励まし、両親を強制収容所に連行されたユダヤ人少女をかくまう。ぼくらは、怒りにかられると、冷静に人殺しもやる。

物語のラストで、ぼくら二人の身に起きることには、あっと驚かされるが、まだ読んでいない読者のために伏せておこう。

これを僕は、『ロビンソン・クルーソー』のような、隔絶した場所、島や谷間や〈小さな町〉での冒険物語の傑作として読んだ。また、十六世紀中ごろ、『ドン・キホーテ』の国、スペインに生まれた「悪漢小説」、表面無邪気をよそおいながら、底意地悪く、復讐心の強い、あらゆる法律を軽蔑し、そのくせ同情心もかねそなえた子供の冒険を描いた小説ジャンルのひとつ、悪漢小説の系譜につながるものとしても読んだ。

その代表作は、作者不詳の『ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯』だが、これが意外なほどヨーロッパの小説に深い影響を与えている。デフォー、ディケンズなどがそうだ。二十世紀の悪漢小説の傑作は、無名の、しかも女性の手によって生み出された。

【この書評が収録されている書籍】
新版 熱い読書 冷たい読書  / 辻原 登
新版 熱い読書 冷たい読書
  • 著者:辻原 登
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:文庫(452ページ)
  • 発売日:2013-08-09
  • ISBN-10:4480430881
  • ISBN-13:978-4480430885
内容紹介:
古典、小説、ミステリー、句集、学術書……。文字ある限り、何ものにも妨げられず貪欲に読み込み、現出する博覧強記・変幻自在の小宇宙。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

悪童日記  / アゴタ・クリストフ
悪童日記
  • 著者:アゴタ・クリストフ
  • 翻訳:堀 茂樹
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(301ページ)
  • 発売日:2001-05-01
  • ISBN-10:4151200029
  • ISBN-13:978-4151200021
内容紹介:
戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理-非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記にしるす。戦争が暗い影を落とすなか、ぼくらはしたたかに生き抜いていく。人間の真実をえぐる圧倒的筆力で読書界に感動の嵐を巻き起こした、ハンガリー生まれの女性亡命作家の衝撃の処女作。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

サンデー毎日

サンデー毎日

関連記事
辻原 登の書評/解説/選評
ページトップへ