書評

『大統領のクリスマス・ツリー』(講談社)

  • 2018/06/14
大統領のクリスマス・ツリー / 鷺沢 萠
大統領のクリスマス・ツリー
  • 著者:鷺沢 萠
  • 出版社:講談社
  • 装丁:文庫(145ページ)
  • ISBN:4062634139
内容紹介:
これがね、大統領のクリスマス・ツリー。治貴の言葉は香子の耳の奥に今でも残っている。ワシントンで出会い、そこで一緒に暮らし始めた二人。アメリカ人でも難関の司法試験にパスし弁護士事務所でホープとなった治貴。二人の夢は次々と現実となっていく。だが、そんな幸福も束の間…。感涙のラストシーン。

出会いを無にしない別れの物語

留学先のアメリカで知り合い、治貴と香子は結婚し、十年という年月が流れた。弁護士事務所で活躍する夫、幼稚園に通う娘、ワシントン郊外の瀟洒(しょうしゃ)な家、犬、車……。かつて思い描いていたとおりの生活が現実のものとなり、香子は、これは夢を見ているのではないか、と思うほどである。

今、娘を日本の両親に預けた二人は、これといった行き先もないドライブをしている。香子の脳裏には、一枚の布を織りあげるように築いてきた二人の歴史が、鮮やかに浮かぶ。貧しかった日々、日本の両親に反対された結婚、治貴の複雑な家庭、香子の流産……。がむしゃらな毎日のなかで、二人は「チーム」から「家族」になったのだ、と香子は感じる。

香子の目を通して描かれる治貴は、とても魅力的だ。ささいなケンカの種から両親を説得する言葉まで、エピソードがとても具体的で心にしみるものなので、読者も二人と一緒に、厚みのある布を織ってゆくことができる。そして香子と同じように、「治貴の言葉が好きなのではなく、そういう言葉を使う治貴が好き」と思わせられる。(この、香子の感じかたが、またいいなあと思う)

物語はしかし、じわじわと不吉な影をしのばせてくる。香子が今、いかに満たされているかを自分自身に確認するたびに、読者は予感するはずだ。「このままで終わるはずがない」と。

結果を言うと、やはりそのままでは終わらないのだけれど、作者は、ほんとうにぎりぎりのところまで、このままで終わらせようとしているかのようにも見える。つまり、「終わらせない」ことよりも、「このままの『この』の部分」を、作者は書きたかったのではないだろうか。

男女が出会い、歴史を紡ぎ、そして別れてゆく。けれど別れは、その歴史を無にするものではない。むしろ、それを無にしないために選ばれる別れもあるのだ――香子が選んだ答えは、そんなことを考えさせてくれる。

二人の出会いの場面に登場した「大統領のクリスマス・ツリー」が、一つ一つのエピソードの鈴で飾りつけられ、ラストシーンでは象徴的なものとして描かれる。胸がきゅっとするような美しさと、せつなさをもって。

「強(こわ)い心」ではなく「強(つよ)い心」を、という言葉が印象深い。読む人の心に応じて刻まれる、素敵(すてき)なメッセージだと思った。

【この書評が収録されている書籍】
本をよむ日曜日 / 俵 万智
本をよむ日曜日
  • 著者:俵 万智
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(205ページ)
  • ISBN:4309009719
内容紹介:
きょうの予定…一日読書。切ない本、わくわくする本、やさしい気持になれる本 実は楽しい古典から、話題のベストセラーまで「ねぇ、これおもしろかったから読んでみて。」。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

大統領のクリスマス・ツリー / 鷺沢 萠
大統領のクリスマス・ツリー
  • 著者:鷺沢 萠
  • 出版社:講談社
  • 装丁:文庫(145ページ)
  • ISBN:4062634139
内容紹介:
これがね、大統領のクリスマス・ツリー。治貴の言葉は香子の耳の奥に今でも残っている。ワシントンで出会い、そこで一緒に暮らし始めた二人。アメリカ人でも難関の司法試験にパスし弁護士事務所でホープとなった治貴。二人の夢は次々と現実となっていく。だが、そんな幸福も束の間…。感涙のラストシーン。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 1994年2月20日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
俵 万智の書評/解説/選評
ページトップへ