書評

『錏娥哢奼(あがるた)』(集英社)

  • 2017/07/28
錏娥哢奼 / 花村 萬月
錏娥哢奼
  • 著者:花村 萬月
  • 出版社:集英社
  • 装丁:単行本(475ページ)
  • ISBN:4087748928
トヨザキ的評価軸:
「金の斧(親を質に入れても買って読め)」
「銀の斧(図書館で借りられたら読めば―)」
「鉄の斧(ブックオフで100円で売っていても読むべからず)」

愉快!痛快!奇想天外!これぞ二十一世紀の忍者小説

愉快! 痛快! ご無体! 狂態! 花村萬月の『錏娥哢奼(あがるた)』は「時代小説」という成層圏を突き抜けて宇宙の無碍に遊ぶ、超不埒な小説です。主人公は、血の掛け合わせで人材を生み出してきた忍びの一族「八劔」に生まれた少女。ブリーディングを重ねた末、抜きんでた美貌と能力を備えて誕生した少女は錏娥哢奼と名づけられ、成長するにつれその美貌と色香、異能に磨きをかけていきます。時は徳川家三代将軍・家光の時代。天草四郎時貞と出会い、島原の乱に加わり、徳川家康の秘められた正体に肉迫する過程で、自らのアイデンティティを発見してしまった錏娥哢奼は――。

膨大な史料を駆使しつつ、妄想という大ナタをふるって歴史にひびを入れ、その中から奇想という赤子をとりあげる。江戸時代の言葉と現代の言葉を掛け合わせ、十七世紀と今を重ね合わせ、この作品自体をブリーディングの賜物と化させる。破天荒なのは、しかし物語だけにとどまりません。作者はしばしば物語に介入し、時代背景を解説したり、自分にツッコミを入れたり、果てはこの物語の読み方を指南したり、BGMまで指示するのです。「フリーダム!」、天にこぶしを突き上げて呵々大笑したくなるような、反則を承知の上での語りの自由人ぶりが素晴らしいっ。時代小説の保守本流ファンを憤死させかねないこの自在性こそが本作の最大の美点なんではありますまいか。

あ、でも、もしかしたら物語の初っぱな、八劔の長である齢二百歳ともいわれる蛆神が現れ、錏娥哢奼を生んだ女から娩出された胞衣(胎盤)を喰らいつくす、きわどいシーンで引いてしまう人がいるかも。でも、どうか読むのをやめないで! 蛆神、怖くないんです。「ふふふう、ふふう」「蛆神困っちゃう」「どうしたじゃろじゃろ」といった蛆神語の愛らしさといったら(絶句)。そんなキモ可愛いキャラを筆頭に、錏娥哢奼、忠犬・巌、軽佻浮薄な美少年・時貞、実は×××だった家康などなど、登場人物の造型も立ちまくり。

キャラクター小説としても抜きんでた魅力を備えたこの物語は、しかしエンターテイニングばかりでは終わりません。近親相姦や体外受精といったブリーディング、天皇制の意味、「悪は自然、善は不自然」という理を背景に人間が考え出す政治のからくりといった重いテーマが、読んでひたすら面白い物語の底に流れているんです。山田風太郎の忍法帖シリーズに萬月史観ともいうべき独自の奇想を加味した、これぞ二十一世紀の忍者小説。幕末、時貞が××××になって大活躍するスピンオフ作品の誕生を熱望します。

錏娥哢奼 上巻  / 花村 萬月
錏娥哢奼 上巻
  • 著者:花村 萬月
  • 出版社:集英社
  • 装丁:文庫(342ページ)
  • 発売日:2010-12-16
  • ISBN:4087466450
内容紹介:
伊賀には表と裏がある。八劔なる裏伊賀の忍者たちは、血を掛け合わせて人材を生み出す謎の集団。元和5年、八劔に美しく能力を備えた赤子・錏娥哢〓(あがるた)が誕生する。忍びの技を修練し、見目も麗しく成長。いくつかの旅で男たちと交わり、ますます妖しく輝きを放つ。寛永14年、錏娥哢〓(あがるた)は天草四郎時貞を追って島原に潜入する。島原の乱異聞ともいうべき、破天荒、前代未聞の忍者小説。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

錏娥哢奼 下巻  / 花村 萬月
錏娥哢奼 下巻
  • 著者:花村 萬月
  • 出版社:集英社
  • 装丁:文庫(302ページ)
  • 発売日:2010-12-16
  • ISBN:4087466469
内容紹介:
錏娥哢〓(あがるた)は常人離れした美貌と忍び技を兼ね備えた裏伊賀の女忍者。まさに島原の乱の渦中にあった。一揆を煽動する時貞。時に彼を手助けする錏娥哢〓(あがるた)。だが、強大な幕府軍の攻撃の前に、ついに一揆は潰えてしまう。裏伊賀と根本的に対立する存在である徳川家康の正体を知った彼女は、これを滅ぼすため、江戸へ。果たして難敵と勝負はいかに…。歴史小説の枠を超えた傑作エンタテインメント。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。



【この書評が収録されている書籍】
正直書評。 / 豊崎 由美
正直書評。
  • 著者:豊崎 由美
  • 出版社:学習研究社
  • 装丁:単行本(228ページ)
  • ISBN:4054038727
内容紹介:
親を質に入れても買って読め!図書館で借りられたら読めばー?ブックオフで100円で売っていても読むべからず?!ベストセラーや名作、人気作家の話題作に、金、銀、鉄、3本の斧が振り下ろされる。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

錏娥哢奼 / 花村 萬月
錏娥哢奼
  • 著者:花村 萬月
  • 出版社:集英社
  • 装丁:単行本(475ページ)
  • ISBN:4087748928

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

TV Bros.

TV Bros. 2008年2月2日

多彩な連載陣のコラムが人気のポップカルチャーTV情報誌。豊﨑由美氏の書評コーナー「帝王切開金の斧」が好評連載中。

関連記事
豊崎 由美の書評/解説/選評
ページトップへ