書評

『マイ遺品セレクション』(文藝春秋)

  • 2019/03/07
マイ遺品セレクション / みうら じゅん
マイ遺品セレクション
  • 著者:みうら じゅん
  • 出版社:文藝春秋
  • 装丁:単行本(175ページ)
  • 発売日:2019-02-07
  • ISBN:4163909729
内容紹介:
還暦過ぎても生前整理は一切やらず「人に見せて笑ってもらうこと」を前提に、倉庫まで借りて集め続けているモノたちを一挙大公開!

「死ぬまで捨てない」その姿勢にときめく

最近では、生前整理や断捨離がやたらと推奨されているが、捨てる行為が「残したモノを大切にする」という精神性とたちまち結びついていく感じが気に食わない。えっ、モノを捨てまくってんじゃん、とのツッコミには応えてくれない。シンプルな生活を実現したい人に対する、極めてシンプルな問いなのに。

とにかく収集、とにかく発表するみうらじゅんほど、モノを大切にしている人はいない。その姿勢にときめく。とにかく何でもとっておく。これまで集めてきたコレクションを「マイ遺品」と呼ぶことで、死ぬまで捨てるものか、という覚悟を、自分にも他人にも植え付けさせる。

本書では56項目の遺品が紹介されているが、カスハガ(カスみたいな風景の絵ハガキ)、ムカエマ(ムカムカする絵馬)といった比較的知られたモノだけではなく、「バッグ・オブ・エイジ」(文具屋の店先にぶら下る謎の英字が描かれた紙袋)など、静かに収集してきたモノが混ざり込んでいて嬉(うれ)しい。

みうらの凄(すご)みは、収集癖だけではなく、新しい概念を作り、その概念に自分を従わせるストイックさにある。「自分には絶対、向いてないな」と思う映画にわざわざ出かけてパンフを収集、土砂崩れ防止用壁を「ワッフル」と名付けて撮りに行く。1日数本しか来ないバスの時刻表を「地獄表」と名付けて味わう。

便利な世の中、シンプルな世の中が極まると「どうでもいいこと」が言えなくなる。「どうでもいいモノ」が置いておけなくなる。その窮屈さにそろそろ気づいているのに、みんな気づかないふりをしている。モノを捨てないなんて、逆に凄いと言われるのかもしれないが、逆じゃなくて、こっちが正面であり、直球であり、素直である。モノに執着しなくてどうする。
マイ遺品セレクション / みうら じゅん
マイ遺品セレクション
  • 著者:みうら じゅん
  • 出版社:文藝春秋
  • 装丁:単行本(175ページ)
  • 発売日:2019-02-07
  • ISBN:4163909729
内容紹介:
還暦過ぎても生前整理は一切やらず「人に見せて笑ってもらうこと」を前提に、倉庫まで借りて集め続けているモノたちを一挙大公開!

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

サンデー毎日

サンデー毎日 2019年2月17日

関連記事
武田 砂鉄の書評/解説/選評
ページトップへ