書評

『平成遺産』(淡交社)

  • 2020/08/21
平成遺産 / 武田砂鉄,最果タヒ,みうらじゅん,ブレイディみかこ,栗原 康,田房永子,川添 愛
平成遺産
  • 著者:武田砂鉄,最果タヒ,みうらじゅん,ブレイディみかこ,栗原 康,田房永子,川添 愛
  • 出版社:淡交社
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(224ページ)
  • 発売日:2019-02-19
  • ISBN-10:4473042987
  • ISBN-13:978-4473042989
内容紹介:
そもそも平成でくくる意味なんてあるのか?武田砂鉄ら7人による寄稿と川島小鳥の写真でおくる、一筋縄ではいかない平成オムニバス。

神田うの的な姿勢こそ必要

新元号が決まった(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2019年)。この本が出たのは3月の初めだから、執筆者のみなさんは平成の最後の最後に、平成のしぶとさみたいなものを語って(じつはあんまり元号に関心など寄せていないのかもしれないが)、新元号に備えている感じがある。

いや、タイトルとは別に本書は時代を区分する新しさに執拗に抗議している、とも言える。政治学者の栗原康や、ライターのブレイディみかこが平成について普通に書くわけがない。同じことは武田砂鉄にも言える。

武田が挙げるのは、SMAPでも安室奈美恵でもなく、神田うのである。神田うの的なるもの――時代や元号とは無縁に、自分のための整合性を希求する姿勢こそ、私たちに必要なのだ、と。
平成遺産 / 武田砂鉄,最果タヒ,みうらじゅん,ブレイディみかこ,栗原 康,田房永子,川添 愛
平成遺産
  • 著者:武田砂鉄,最果タヒ,みうらじゅん,ブレイディみかこ,栗原 康,田房永子,川添 愛
  • 出版社:淡交社
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(224ページ)
  • 発売日:2019-02-19
  • ISBN-10:4473042987
  • ISBN-13:978-4473042989
内容紹介:
そもそも平成でくくる意味なんてあるのか?武田砂鉄ら7人による寄稿と川島小鳥の写真でおくる、一筋縄ではいかない平成オムニバス。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

日本経済新聞

日本経済新聞 2019年4月11日

関連記事
陣野 俊史の書評/解説/選評
ページトップへ